『市民と博物館』聞きがたり 一覧

日立市郷土博物館の広報紙に掲載された聞きがたりを紹介します。

タイトルの後に・があるものはクリックすると本文を読むことができます。

タイトル 話者 住い 生年 号数 発行年
私とわら細工 大和田 清 滑川町 第1号 1978
十王川の鵜飼いのことなど 松本銀次郎 川尻町 第2号 1978
日立に電灯がついたころ 根本甲子男 神峰町 第3号 1978
久慈川の洪水の話 川崎 正次 留町 第4号 1979
弁天様のため池 大窪 いの 助川町 第5号 1979
入四間の牧野と馬産 大高吉之助 入四間町 第6号 1979
田手沼松並木の思い出 佐藤徳之助 城南町 第7号 1980
鮎川河口のプール 島崎  巖 東成沢町 第8号 1980
日立美協展創設のころ 長谷川定邦 若葉町 第9号 1981
常北電鉄開通の思い出 野田 義信 大和田町 第10号 1982
小正月の思い出 村田  昌 大和田町 1923 第12号 1983
砥石づくり・ 朝日 忠蔵 諏訪町 1897 第14号 1983
日立空襲の日・ 田口 廉二 1901 第20号 1985
榊橋の出来る頃・ 田口 捨雄 神田町 第21号 1986
往時の想い出 藤沢 徳治 千石町 第22号 1986
日立最後の手造り洋家具職人 山下 捨一 平和町 1907 第23号 1987
久慈河口と向渚 小林  弘 久慈町 第27号 1990
泉川の「洗い場」 佐藤 しの 水木町 第27号 1990
三階家と共に生きて 三代 キヨ 久慈町 1907 第34号 1993
人には聞いてみよ[久慈浜の船大工仕事] 堀江清三郎 久慈町 1921 第43号 1997
鮎川浜の電気製塩[多賀工専、戦後の一齣] 本上 孝夫 第44号 1997
鉱山役宅の少女時代 大西 文子 東町 1921 第45号 1997
戦時下の日専校 菅野 嘉治 東大沼町 1926 第46号 1998
しんとろり[日立でのキリスト教伝道] 結城 姫路 国分町 1899 第47号 1998
河原子物語 小又 辰吉 河原子町 1916 第48号 1998
平沢社宅 子供時代の原風景 佐藤 瑛子 鹿島町 1935 第49号 1998
えにしに囲まれて 瀬谷 義彦 中成沢町 1914 第51号 1999
祖父のことなど 大木伊都子 若葉町 1934 第52号 1999
夢の実現に努力中です 大窪 史郎 大久保町 1925 第53号 1999
大陸にあこがれた 山元 悦子 森山町 1921 第54号 2000
戦中戦後の家庭事情 岩山みつゑ 大久保町 1907 第55号 2000
われら日立の底流たらん 高須 徳二 中成沢町 1917 第56号 2000
我が人生に悔い無し 長山  賢 鮎川町 1931 第57号 2000
油絵70年 日立一高に37年 香取  徳 城南町 1914 第58号 2001
旧街道筋に生きて 川崎  孝 助川町 1922 第59号 2001
今ある原点 日立との縁[日蓮宗宝塔寺] 長谷川順昭 西成沢町 1930 第60号 2001
教育ということ 増田 英一 鹿島町 1930 第61号 2002
「技術」は今も職人の手に[日製日立工場] 今橋 庄八 久慈町 1917 第62号 2002
出来るときに出来ることを 斎藤 迪子 神峰町 1918 第63号 2002
一生涯日立 武士 正員 高鈴町 1931 第64号 2002
茂宮の話 大貫  繁 茂宮町 1935 第65号 2002
家業をとおして関った日立 藤田 光夫 神峰町 1929 第66号 2003
58年目のであい 水庭 源乃 宮田町 1933 第68号 2003
花に導かれた緑 北見喜曾子 幸町 1939 第69号 2003
市民の「足」をになって—日立電鉄バスの40年— 蓮沼 勝也 中成沢町 1922 第70号 2004
ハルピンに回帰する私 荒川  亮 若葉町 1924 第71号 2004
音楽と出会って 古田土 満 大久保町 1929 第72号 2004
「残す、伝える」に生きがいを 菊池 正友 大和田町 1926 第73号 2004
「活字」に縁が深いです 佐藤 博子 弁天町 1937 第74号 2005
父樫村白圭を語る 永井 令子 十王町山部 1942 第75号 2005
写真にとどめられた時と現実の間にいる私 草地 捷男 下深荻町 1938 第76号 2005
のびゆく日立展に甦った思い 土井  貢 鮎川町 1925 第77号 2005
美容の変遷に身をおいて 栂野 栄子 弁天町 1926 第78号 2006
日立電鉄に42年勤めて(1) 渡辺  功 那珂市 1942 第79号 2006
日立電鉄に42年勤めて(2) 渡辺  功     第80号 2006
夢のあと—諏訪鉱山・ムソシ鉱山— 小林 輝男 西成沢町 1931 第81号 2006
太陽の子らと出会えて[太陽の家] 三本木 勇 会瀬町 1947 第82号 2007
大きな流れ[こどもの家保育園] 見城美智子 小木津町 1944 第83号 2007
人生をともに歩いた切手帖 中村 康男 会瀬町 1926 第84号 2007
描き続けて50年[油彩画] 北沢  計 城南町 1935 第85号 2007
言葉の世界に魅せられて[俳句] 西  幾多 石名坂町 1927 第86号 2008
音のない世界を知って[手話] 高橋 光子 中成沢町 1943 第87号 2008
聞きがたり 小室写真館の父のこと 宇須井峯子 宮田町 1938 第88号 2008
日立の創成期に生きた祖父・父 永井 久善 鹿島町 1931 第89号 2008
広い世界がひらけたチャンス 塚田久美子 小木津町 1941 第90号 2009
64年前の夏を想う[戦災体験] 谷口フジ子 西成沢町 1927 第91号 2009
櫛形炭鉱の坑内を撮影して 小林  弘 久慈町 1937 第93号 2009
遠い思い出から[戦災体験] 松村 郁子 中成沢町 1925 第94号 2010
80年の軌跡(1) 清宮 烋子 諏訪町 1929 第95号 2010
80年の軌跡(2) 清宮 烋子     第96号 2010
80年の軌跡(3) 清宮 烋子     第97号 2010
80年の軌跡(4) 清宮 烋子     第98号 2011
日立の町と人を写して 島根  弘 助川町 1921 第101号 2011
澳津説神社と小木津 石堂 徳明 小木津町 1940 第102号 2012
写真と仕事に郷土愛をこめて 渡辺  元 東多賀町 1943 第104号 2012
心療内科医療と大煙突 樫村 博康 滑川町 1937 第106号 2013
過ぎ去った日々を残す 鈴木 理吉 千石町 1934 第110号 2014
道路づくりに親子で関わって 秦野 義男 中丸町 1939 第112号 2014
日立のこども医者として50年 大塚  尚 若葉町 1928 第113号 2014
日立の戦災を顧みて(1) 塩沢 京子 ひたちなか市 1930 第116号 2015
日立の戦災を顧みて(2) 塩沢 京子     第117号 2015
日立の戦災を顧みて(3) 塩沢 京子     第118号 2016
多賀町での戦災体験(1) 北垣 景子 京都市 1935 第119号 2016
多賀町での戦災体験(2) 北垣 景子      第120号 2016
多賀町での戦災体験(3) 北垣 景子     第121号 2016