大窪詩仏の詩と書をあじわう 三

大森 林造

芝川合處浄如氷 汲取満瓶吹火烹 茶托茶杯安排得 烹到俵巖湯未成
芝川合する処、浄きこと氷の如し。汲み取って瓶に満たし、火を吹いて烹る。茶托、茶杯、安排あんばいし得て、烹て俵巖に到っても湯未だ成らず。

富士川に芝川が合流している所は清浄なること氷のようだった。その水を汲んで瓶に満たし、火を吹いて沸かす。茶托茶碗を用意し沸くのを待つのだが、俵巌に舟がついてしまってもまだ沸騰しなかった。

『詩聖堂詩集二編』巻11 「下峡」12首の第9首

屏風巖似疊屏風 臨岸千尋聳半空 本是雙流争激処 驚波巻雪灑舟中
屏風巌は屏風を畳むに似て、岸に臨み千尋、半空に聳そびゆ。もとこれ双流、争激の処。驚波、雪を捲いて、舟中に灑そそぐ。

屏風岩は屏風を畳んでいるように、岸に臨んで千尋も中空に聳えている。ここは二つの流れがぶつかるところ、怒涛が雪を巻き上げるようにしぶきを舟中に注ぐ。
『詩聖堂詩集二編』巻11 「下峡」12首の第2首
一帆直欲訪蓬瀛 天水澄鮮鏡面平 碧海舎人相接伴 風標公子亦逢迎
一帆直ちに蓬瀛ほうえいを訪ねんと欲す。天水澄鮮、鏡面平らかなり。碧海舎人、相い接伴。風標公子もまた逢迎。

帆を上げて、まっすぐ神仙の国をめざすようである。空も水も澄み切って、鏡のように平らか、カモメが待ち受けてくれ、シラサギも迎えてくれる。

[註]蓬瀛は蓬莱と瀛州。ともに渤海にあって神仙の住むところという。碧海舎人はカモメのことか。風標公子はシラサギ。落款にある天保辛卯とは2年のこと、病に倒れてからの作品となる。

『詩聖堂詩集 三編』巻4 「泛八竜湖」6首の第一

一夢醒來涼透膚 床頭惟有一青奴 月移竹影上窓紙 似学先生醉墨圖 
一夢、醒め来れば涼、膚はだに透る。床頭ただ有り、一青せい。月移って竹影、窓紙に上り、先生、醉墨図を学ぶに似たり。

夢から覚めると冷気が肌にしみる。寝床の側には涼をとるための竹の抱きかごがあるだけ。月が移って竹の影が障子に上ってきて、まるでこの先生が酔墨画を学んでいるかのようだ。

[註]青奴は寝る時夜具の中に入れて涼をとる竹製のかご。抱きかご。竹夫人ちくふじんの異名あり。

詩仏の詩集には見えない

古驛西偏接翠疇 秧歌聲裏雨痕収 浅間祠下一泓水 散作千邨落萬秋
古駅、西に偏し、翠疇に接す。秧歌おうか声裏、雨痕収まる。浅間祠下、一泓おうの水、散じて千村万落の秋となる。

古い宿場は西に偏り、青田に接している。田植え歌のなかで雨も止んだ。浅間の社のほとりに涌く水が多くの集落に流れていって、収穫の秋をもたらすのだ。

[註]翠疇は緑のあぜ。秧歌は田植え歌。一泓水は、ひとたまりの深い清い水。

素練斜拖三百里 夕陽没處點煙無 半輪秋月波間影 便是青蓮出現圖
素練それん斜めに拖く三百里、夕陽没する処、点煙なし。半輪の秋月、波間の影。すなわちこれ青蓮せいれん出現の図。

白い絹を三百里にわたって斜めに広げたような湖、夕日の没するあたりには一点の煙もない。半輪の秋の月が波間から上る。まさにこれは青い蓮が立ち現れる図である。

[解説]素練は白い練絹ねりぎぬ。青蓮は青い色の蓮のこと。文政2年(1819)、潮来、土浦、筑波山に遊んだときの作。

『詩聖堂詩集 二編』巻6 「湖中晩望」詩

檐馬丁東夜氣澄 涼風如水月初昇 滿窓竹影模糊處 時有飛蟲來撲燈
檐馬えんば丁東とうとう、夜気澄む。涼風水の如く月初めて昇る。満窓の竹影、模糊もこの処、時に飛虫の来りて燈を撲つ有り。

風鈴がちりりんと鳴って夜の空気が澄み切っている。涼しい風が水のように流れ、月が上った。窓いっぱいに竹の影がぼんやり映っているところに、時々虫が飛んできて灯火にぶつかる。

[註]檐馬は風鈴。丁東は丁当とも書き、風鈴などが揺れて鳴る音。

『詩聖堂詩集 二編』巻10 「新秋夜坐」詩

驛亭南入多平曠 流水縦横雨後肥 幾陣清香來撲面 田間一路野薔薇
駅亭、南に入って多く平曠へいこう。流水縦横、雨後に肥ゆ。幾陣の清香、面を撲つ。田間でんかん一路、野薔薇しようび

宿場から南に向かうとほとんど平らかである。水が縦横に流れていて雨後で水量が多い。時々いい香りが顔にかかる。田の中の一本道にのばらが咲いているのだ。

[註]駅亭とは宿場。平曠はたいらでひろいさま。幾陣はとぎれてはつづくこと。野薔薇はのばら。田間とは田と田の間。

『詩聖堂詩集 二編』巻2 「赴牧郷途中作」2首の第一

森々鬱々萬蒼龍 侵雪凌霜蟠半空 一自濤聲起東海 長敎天下飽清風
しん々鬱うつ々、万蒼龍そうりよう。雪を侵し、霜を凌いで、半空に蟠わだかまる。ひとたび濤声の東海に起ってより、長く天下をして清風に飽かしむ。

盛んに茂った古松が、雪も霜も凌いで半空に蟠っている。ひとたび東海の地に濤声を起こしてより、ながく天下の人々をして清風に満足させているのだ。

[註]蒼竜は青色をした竜を意味するほか年月を経た古松、老松をさす。

『詩聖堂詩集 三編』巻1 「松」詩

自従勅使駆将出 父子一時有處離 心不能言眼中血 俯仰天神天地祇
勅使に従って駆けて将まさに出でてより、父子、一時、有処を離る。心は言う能わず、眼中は血。俯仰す、天神、天地の祇かみ。(試訓)

勅使によって馬を駆って出立してより、父と子は或る時別れることになる。心の中を語ることできず眼は血走り、ただ天神を仰ぎ地祇に祈るのみだった。

出典未詳

作品は「江戸民間書画美術館 渥美國泰コレクション」より

参考文献:『大窪詩仏展 江戸民間書画美術館 渥美コレクション』