史料 日立鉱山煙害問題新聞記事一覧

目次──煙害と新聞記事|記事見出と要約|住友別子銅山煙害問題視察|主要記事本文


煙害と新聞記事

1914年(大正3)7月27日付の『いはらき』新聞記事

9月6日に「おそらく見落しがあるだろう。完全を期す時間がないので、とりあえず今手元にある記事をならべておく。」と書いていたが、今回、2018年9月22日に増補改訂して、1908年(明治41)1件、09年3件、10年6件、11年23件、12年(大正元)6件、13年7件、14年18件、21年1件、計65件の記事を紹介する。とは言ってもまだまだ見落としがあるだろう。たとえば、久慈郡中里村大字入四間では、1906年(明治39)、製錬所が本山にあった時期に被害が現われ、翌07年には煙害賠償交渉委員の選出が行われているが(関右馬允『日立鉱山煙害問題昔話』)、それらに関する記事は見出せなかった。しかしひとまず新聞記事探索は終えることとする。

いずれにしても、ここに集めた新聞記事は、煙害問題─被害と補償と対策がどのように社会問題として報道機関の意識にのぼり、提供されたかがうかがえる優れた史料であることに違いはない。

記事見出と要約

[凡例]

時期掲載日付  記事見出[内容摘記]新聞名備考
1908年
明治41
4月9日 多賀郡鉱山近況(上) 日立銅山
…先頃帝国議会に於て根本代議士の質問せる如く[註]鉱毒と煙毒との附近農作物に影響すること夥しきものあり。鉱毒豫防に就ては多少の設備なきに非ずと雖も単に形式に過ぎずして未だ見るべきの効果を収むるに至らず、煙毒に至りては其害毒に真に恐るべく附近農作物□□萎縮し、或は枯死するもの すくなからず、山林立木の如き亦自然煙毒を蒙りて発育充分ならず中には枯死に瀕せるもの尠なからざるを以て農民の苦情頗るかまびす
[註 この年3月の帝国議会衆議院会議録を見ると、根本正が質問したのは鉱毒水問題であって(3月14日質問趣意書提出)、煙害については触れていない。ただし「鉱煙毒予防ニ関スル建議案」が3月14日の議事にのぼっているが、こちらは別の議員(石井信外1名)が提出したもので、秋田県小坂鉱山における煙毒被害(煙害)を問題にしている。記者は日立と小坂を混同して書いたものと考えられる]
いはらき
 〃 [11月29日、日立鉱山で大雄院新築溶鉱炉吹入れ]
1909年
明治42
6月14日 日立鉱山煙毒一段落
多賀郡日立・高鈴村民との鉱毒水・煙害賠償問題は交渉の結果5月下旬合意。この後、日立村と日立鉱山との間の鉱毒水・煙害問題は新聞記事に登場しない。鉱毒水と煙害はセットとして決着をみたのであろう] ▼記事1
いはらき
 〃 10月22日 被害民等郡衙に押寄す 日立銅山煙毒被害民百卅名 松原町入口にて喰止めらる
[10月21日に被害状況陳情のため多賀郡役所にむかった被害民は郡役所のある松原町花貫橋で警官に阻止され、代表者を選んで再陳情することとなる]
 〃
 〃 10月30日 日立銅山煙毒事件 風雲愈々急なり
[10月28日、多賀郡の被害農民は日立鉱山に「返答によりては茲に愈々竹槍蓆旗を翻して最後の手段に出でん意気込」で会見を求めたため、松原警察署は警戒にあたった]
 〃
1910年
明治43
3月9日 日立鉱山の補償
多賀郡坂上村大字水木・森山の山林補償について合意]
…立木損害として一反歩当四円とし内速金一円五十銭授受、残額は枯損木に到り受渡しの約、山林一反歩に付年補償として二十一銭宛毎年支払ふ事に決定す
 〃
 〃 5月19日 日立煙毒防止運動 大林区署長の実地踏査
[5月14日、有田東京大林区署長、太田・大子・高萩営小林区署管内の煙害状況を調査、18日帰京。同月25、26日にも実地踏査の予定] ▼記事2
 〃
 〃 5月22日 日立煙毒被害問題 姑息の策は不可ならん
久慈郡機初村大字高貫・田渡・幡ではそれぞれに委員を選び、共同して22日に鉱山との補償交渉をする]
日立鉱山の製錬益す盛んに他方面より購入の鉱石も日々助川駅に積堆するより被害の区域も漸次拡がり来り…
 〃
 〃 9月6日 日立鉱山煙毒補償
多賀郡黒前村山部の山林150町歩について補償金で決着]
 〃
 〃 9月30日 日立鉱山の煙毒補償
多賀郡日高村の山林250町歩への補償額決定と黒前村山林50町歩の補償交渉] ▼記事3
 〃  
 〃 10月19日 煙毒防禦植物発見
[日立鉱山庶務課の対煙性植物試験の結果、赤柏・大島桜に対煙性があることが判明。那珂郡石神村大字舟石川字亀の甲山の7町歩の開墾地で苗木育成を準備中]
 〃
 〃 [11月9日、別子銅山煙害問題、農商務省大臣裁定により決着]
1911年明治44 1月10日 日立煙毒除害請願大会
多賀郡豊浦・櫛形・黒前・松岡・松原の2町3ヶ村は松原町長、多賀銀行頭取の発起により13日に鉱山の除害工事実施を求める請願書を貴衆院両院に提出するための会議を予定]
 〃
 〃 1月23日 日立鉱山煙毒請願 廿一日貴衆両院へ提出
[13日開催の多賀郡内2町3ヶ村による煙毒除去工事実施を求める請願を約千人連名で1月21日に農商務省に提出] ▼記事4
 〃
 〃 2月5日 耐煙性樹の試植 日立鉱山煙害豫防
[日立鉱山排出の亞硫酸ガスに耐性があり、かつ製炭に適した樹木の研究に、鉱山ばかりでなく茨城県も取組みをはじめた。その県による製炭研究の中間報告]
 〃
 〃 2月10日 貴族院採択三請願
[日立鉱山煙毒救済など茨城県関連3請願は8日の貴族院請願委員会にて採択]
 〃
 〃 4月2日 坂本村の煙害
久慈郡坂本村大字南高野と石名坂における麦の被害]
 〃 太田
 〃 5月13日 被害民鉱山を憤る 久慈郡の損害要求
久慈郡久慈・東小沢・坂本(日立市)・世矢・西小沢・機初・太田・佐都・河内(常陸太田市)の2町7ヶ村の麦作に被害が出て、日立鉱山に交渉するも「音沙汰」なし。さらに坂本村大字大和田の鹿島神社境内山林260町歩と畑400町歩の麦作に被害。被害民は日立鉱山に補償要求に出向いたが、角庶務課長不在につき帰村]
 〃
 〃 5月17日 四坂島銅山視察
多賀郡の有志数人は愛媛県の別子銅山四阪島精錬所を十日間の予定で煙害の状況と損害賠償について視察のため18日出発の予定]
 〃
 〃 5月27日 日立煙毒協議
多賀郡松原町大字島名・石瀧・秋山の煙毒被害地主十数名人は25日松原町役場において山林立木被害補償方法について協議。6月1日に島名の個人宅で鉱山の責任者と交渉を予定]
 〃
 〃 [5月、日立鉱山神峰煙道竣工]
 〃 6月3日 松原町の煙害補償
[5月27日付報道にあるように6月1日に煙害補償について多賀郡松原町の被害者と鉱山との話合いがもたれ、補償方法について妥結し、協定を結んだ] ▼記事5
 〃
 〃 6月6日 久慈郡煙害問題 日立鉱山役員の談
久慈郡佐竹・誉田両村の代表(委員)が鉱山を訪れ交渉。鉱山役員とは庶務課の鏑木徳二のこと、その鏑木が語った鉱山の煙害問題に対する方針] ▼記事6
 〃
 〃 6月14日 櫛形村の煙害補償要求
多賀郡櫛形村大字友部の山林原野の煙害補償について、地主らはこれまで鉱山と交渉し、昨年8月までに被害区域を実測し、賠償する約束にもかかわらず、履行されていないとして12日に代表が鉱山を訪問]
 〃
1911年明治44 7月4日 松原山林煙害問題 目下鉱山と交渉中
多賀郡松原町(高萩市)大字島名・秋山・石瀧における山林被害補償について、7月1日に被害者代表と日立鉱山職員が交渉。生産補償に関しては妥協成立したものの、生木補償については決裂]
同地の被害山林は一般に黄色を呈し、漸次枯衰の状態…所有者側に於ては若し相当の補償なきに於ては有志大会を開きて其筋に迫るか或は民事上の訴訟を提起せんなどいきまきおれりと云ふ
 〃
 〃 7月7日 日立鉱山煙毒問題 多賀郡南部十ヶ町村有志大会
多賀郡坂上・河原子・国分・鮎川・高鈴・日立・日高・豊浦・櫛形・黒前の10ヶ町村長と郡会議員、地主は、5月下旬に愛媛県の住友別子銅山四阪島製錬所に被害状況と損害補償方法について実地調査のため、豊浦町長・国分村長ら4人を派遣。その視察報告会を開催]
[四阪島精錬所における]精錬の制限及び損害賠償等頗る妥当にして、之を日立鉱山に比すれば実に雲泥の相違…日立鉱山が従来子供騙し的態度を以て被害民に対し居たるを…
太字の指摘の部分つまり住友の別子銅山における煙害対策について、本表の末尾で簡単な説明を加えた]
 〃 太田
 〃 7月9日 日立鉱山煙毒問題 別子銅山視察報告会
[6日、多賀郡豊浦町長らの別子銅山視察報告会が開催] ▼記事7
 〃
 〃 7月16日 煙毒補償運動 今度は県廳へ陳情
[13日に多賀郡内被害10ヶ町村長が国分村役場に会合し、別子銅山の事例をふまえ、18日に郡役所、その後県庁に出向き知事に陳情することに決定]
 〃
 〃 7月19日 煙毒陳情と郡長
多賀郡南部の10ヶ町村の村長ら代表者が、別子銅山の例を示して、18日に多賀郡長に県の斡旋を陳情したものの郡長は拒否]
 〃
 〃 7月22日 郡民の激昂
[18日の多賀郡長の態度に憤慨した坂上村長ら多賀郡南部10ヶ町村長は代表者12人が21日に郡長を訪問。郡長は面会を拒否。25日に再度郡長を訪ねることに]
 〃
 〃 7月22日 久慈郡の煙毒補償 生産補償一町歩三円
[松林の煙害補償のため日立鉱山と久慈郡被害町村委員が共同調査を実施。補償することで合意]
 〃
 〃 7月23日 郡長不信任の聲 多羅間氏に対する批難
多賀郡長の失政6項目をあげる。その上で、坂茨城県知事と久原房之助、そして久原の支援者井上馨とは長州出身、知事と郡長は姻戚関係にあると指摘し、そのことが県と郡が煙害問題に対して消極的である理由とする。]
日立銅山の背後には井上侯あり、井上侯と坂知事とは同じく長藩出身にして、多羅間郡長は姻戚たる坂知事がわざわざ吸収より呼び寄せたる人なり。
 〃
 〃 7月27日 煙毒被害総代と多羅間郡長 知事へ陳情するに決す
多賀郡南部の煙毒被害地域の坂上村長らは25日に郡役所において郡長を訪問。郡長は謝罪し、請願書を28日に知事に提出することを約する。記事に請願文あり] ▼記事8
 〃
 〃 9月14日 国分村民煙害補償談判 六百の被害民鉱山に押寄す
多賀郡国分村は水田の少ない地域で、畑作物の商品化によって農家の経営が成り立ってきた。この国分村の麦、野菜、果樹被害について鉱山と補償について交渉してきたものの進展しないので、9月12日明け方、村民600人が鉱山に出向いた。これに驚いた警察が代表者による交渉を求め、受けいれた被害民は委員を選び、角庶務課長との話合いに臨んだ] ▼記事9
 〃
 〃 11月16日 煙毒問題と本省
[一昨年度から農商務省内に設置された煙毒調査会は問題解決の引き延ばし図っている]
 〃
 〃 12月3日 県会お土産決議 日立銅山煙毒調査
最終日の県会は例に依てお土産案簇出し例に依て何れも満場一致の議決を経たるが、一昨紙記載以外の分左の如し…
▲日立銅山煙毒調査 …煙害の範囲、程度の試験調査及び救済の方法を立つべきを至当なりとす
 〃
1912年
大正元
7月17日 鉱山煙毒補償交渉
多賀郡松原町の山林所有者が日立鉱山角弥太郎庶務課長と補償交渉]
 〃
 〃 8月8日 佐竹村煙害交渉
久慈郡佐竹村大字磯部で蔬菜類に被害。耕作者は村長に日立鉱山との補償交渉を要求]
 〃 市史
 〃 8月10日 煙毒損害調査会
那珂郡額田村(那珂市)では村民大会を開き、煙毒調査会を組織することに決定。会長に村長、副会長に助役らを選出]
 〃
 〃 8月23日 日高煙毒問題解決
多賀郡日高村では委員を選び、畑作物の被害の補償交渉中だったが、20日に合意に達した。畑170町歩の夏冬作物に2500円、蒟蒻・葉煙草・桑・蕎麦については別途協議]
 〃
 〃 8月24日 久慈郡の煙害
…日立銅山の葉煙草賠償金は本年分金四万円四千余円なりと云ふ
常総新聞
 〃 8月25日 煙害試験場設置計画 久慈郡下に二町十ヶ村 当局試験成績秘密露現
久慈郡東南部での野菜被害が煙害か病害によるものか。茨城県は県技師の試験結果を公表しなかった。しかし「技師の試験成績は被害百分中露菌病八十、虫害十、残り七八は風水害にて、其他の二三は植物生理状態上不明」だったことが判明し、さらに農商務省に試験を依頼したその結果も病害と認定された。こうした試験結果に納得しない農民たちは、郡農会と鉱山共同運営の煙害試験場の設置が進んでいないことに不満を募らせる] ▼記事10
いはらき
 〃 9月11日 河原子煙害補償
多賀郡河原子町の本年の麦作104町歩の被害補償に農会長ら委員を選び、日立鉱山と交渉中だったが、9日昨年の倍の一反歩90銭で合意]
 〃
 〃 9月23日 本年の煙草成績 平野支局長談
[水戸専売支局管内における葉煙草生産状況についての支局長談話。平年作130万貫に対し大正元年は150から160万貫と良好だが、久慈郡と多賀郡の煙害の影響について言及。下記のとおり。太字は引用者]
太田管内の中里、賀美、河内、佐都の小里郷一帯は煙毒被害にて幹は真ツ黒く、葉面は白色の斑点を生じ、折角の良葉も等級下劣となりたるもの実に百五六十町歩の多きに渉りたるは甚だ遺憾に堪えざる処、従来此種の被害は多賀郡助川地方の耕地にありて敢て稀らしからざりしも、本年は反対に久慈の産地に多大の害を蒙むりたるは専賣当局として返す返すも遺憾の次第なり。若し夫れ本年度においてかかる被害無かりせば、百七十万貫以上の収穫見込み十分なりしなり
 〃
1913年
大正2
6月27日 日立鉱山鉱毒視察
[愛媛県別子銅山鉱煙被害4郡代表4人が25日に日立鉱山の煙害状況を視察]
 〃
 〃 [6月、命令煙突竣工]
 〃 7月6日 煙草の煙毒被害 久慈郡農会の調査
久慈郡中里・佐都・誉田など日立鉱山に近い6ヶ村は本年も6月末から被害が現われ、2日夜には一部地区で葉煙草に枯死が発生。鉱山に職員の派遣を要請する一方、郡にも報告] ▼記事11
 〃
 〃 7月11日 煙草の煙毒調査 鉱山派出所設置要求
[7月6日報道の関連記事。久慈郡太田町の被害状況報告および水府煙草生産共同組合から日立鉱山に対し、被害発生に即応した調査ができるよう被害の激しかった中里・河内・佐都・太田に鉱山員出張所の設置を求める]
 〃
 〃 7月12日 煙害被害百廿町 耕作者代表の交渉
久慈郡1町9ヶ村の煙害調査終了。水府煙草生産共同組合代表ら11日日立鉱山で賠償交渉。被害面積120町歩のうち約4割が全滅]
 〃
 〃 7月18日 煙草の煙毒交渉 組合提出の八条件
[12日に久慈郡の水府煙草生産共同組合代表者が日立鉱山角弥太郎庶務課長に除害工事の実施など8項目を要求したものの回答がなく、その一方で鉱山は染和田村の一部の生産者と賠償交渉に入り、協定をかわしていたことが判明し、問題化] ▼記事12
 〃
 〃 11月26日 日立鉱山所見(一) 一、はしがき
◯七月十七日曇、本野男爵、野村子爵の両先輩に従ひ、午前十一時廿分上野駅を発車、日立鉱山視察の途に上る。……翌十八日微雨、午前九時斎藤、角両氏の案内に依り助川駅を起点とし日立村大雄院製錬場に至る約一里間に買鉱并ニ需用品運搬(沿村住民も無賃便乗随意)の為め布設せられたる電車にて大雄院事務所に至り、休憩の後俥にて約一里半の山路を登り本山採鉱場に向ふ。製錬場煙筒より吹き来れる硫気鼻を襲ひ咳嗽頻りに起り、沿道の山岳満目粛條、偶ま枯樹の点在する已!詩客如電「山樹不生芽、野草不看花、寒温認風物、無乃是仙家」の句は蓋し此辺の光景を咏じたるものならんか。
讀賣新聞 神戸
 〃 12月2日 日立鉱山所見(五) 三、製錬(續き)
背後の山腹には数條の延蜿たる隧道ありて何れも数百間を隔たりたる山巓の煙突に連續し居りて金鎔炉より迸り出づる硫気と煤煙とは右の坑中を伝ひて山上に噴出し、四方の数里に跨れる天地を掩ふ。其雄壮の光景に至りては筆舌の尽くし得る所にあらず。
 〃  〃
 〃 12月11日 多賀郡煙毒調査 郡会調査委員設置
[9日、多賀郡会は議員提案の煙害調査機関の設置を全員賛成し、議長は7人の委員を指名]
いはらき
 〃 12月16日 煙毒問題昂勢 珂北三郡の提携
[16日、多賀郡会は煙害調査機関の設置を県へ報告し、別子銅山と同様に県が主体となって被害調査と被害者救済にあたるよう陳情の予定。かつ久慈・那珂両郡会との連携を模索]
 〃
1914年
大正3
1月10日 煙毒問題運動 多賀町村長の凝議
[10日、多賀郡会は煙害問題で郡内町村長と連携のため高萩で協議予定]
 〃
 〃 1月12日 多賀郡煙毒協議 郡議町村長の会同
[10日報道通り多賀郡議と町村長の協議がなされ、郡議から調査機関と救済組織の設置が提案。15日に再度協議の予定]
 〃
 〃 3月20日 久慈浜煙害陳情
久慈郡久慈町の揚繰網漁が不振。それは煙害による魚附林荒廃が原因だとして、漁業組合員15人が19日に県に出向き技手と協議]
 〃
 〃 3月25日 多賀煙害協議会 煙害救済会の組織
多賀郡会議員と町村長ら合同して煙害救済会について30日に協議の予定。さらに煙害問題に取り組む姿勢に地域差がある]
…某有力家は語りて曰はく、煙害問題勃発当時は全郡挙つて解決に努力せしも、日を経るに従ひて種々の流言蜚語は或一部の者を惑はすに至り、殊に日高村以南即ち鉱山附近の者が比較的冷淡なのは一般の異とする所なり。尤も地元及びその附近と鉱山とに一種の関係あるは世人の熟知する所なれば、冷淡は寧ろ当然ならんも、事は一町一村の問題にあらずして、郡全体若しくは国家の大問題なるは区々たる情実に囚はれ一般他郡町村多数民の苦痛迷惑を対岸の火災視し居るは実に遺憾とする所なり云々
 〃
 〃 6月2日 瑞龍区民日立鉱山に押寄す 報償金支出保證
[5月31日、久慈郡誉田村大字瑞龍の農民80人が鉱山事務所に向かうが、鉱山派出所の警官に阻止され、代表を選ぶよう説かれ、6人の委員を選び、角庶務課長と交渉。4日に係員を現地に派遣し調査をし、そのうえで賠償することになり帰村]
 〃
 〃 6月16日 煙害調査総会 二町十村総務会
久慈郡の久慈・東小沢・坂本・西小沢・世矢・機初・幸久・佐竹・太田・誉田・佐都・金郷の2町10ヶ村の被害民が組織した日立鉱山煙害調査会は6月14日に太田町役場に総務委員会を開催。常務員4人、理事3人を選出。補償交渉のため日立鉱山に対し17日に太田町来訪を要請]
 〃 太田
 〃 6月22日 久慈郡煙毒交渉 第一回の会見終る
久慈郡太田町外1町11ヶ村からなる日立鉱山煙害調査会は、6月17日、太田町役場にて鉱山との第1回交渉。被害農民は委員の中に鉱山に「抱き込まれ」た者がいると指摘]
 〃
 〃 6月24日 久慈煙害交渉 被害村聯合談判
久慈郡佐都・機初・誉田・久米・山田村において6月17日から葉煙草・野菜・桑葉に被害。とりわけ佐都村の里の宮・白羽・春友の葉煙草に被害が顕著。委員の交渉の巧拙によって賠償額に差がでるので、各村聯合して交渉することになる]
 〃
 〃 7月22日 煙毒現場視察(一) 黄煙濛々棚曳く  〃
 〃 7月23日 煙毒現場視察(二) 煙害調査会の活動  〃
 〃 7月24日 煙毒現場視察(三) 機初村の被害状況  〃
 〃 7月25日 煙毒現場視察(四) 各村の有志訪問  〃
 〃 7月26日 煙毒現場視察(五) 一致點発見の困難  〃
 〃 7月26日 煙毒調査会議 鉱山当局者と会見
[7月24日開催された久慈郡水府煙草生産同業組合地区理事会で25日開催予定の調査会に提出する日立鉱山との補償協定案を決定。鉱山との協議が不調に終わったときの手順についても案を示す] ▼記事13
 〃
 〃 7月27日 煙毒現場視察(完) 鉱山事務所襲撃?  〃
 〃 7月27日 銅山誠意無し 調査会の憤激
[7月25日太田町法然寺で開催された久慈郡2町11ヶ村日立鉱山煙害調査会と日立鉱山との第5回協議の結果を伝える] ▼記事14
 〃
 〃 7月28日 煙毒交渉の其後 莨耕作人の集会
[(1)7月25日に久慈郡太田町水府煙草生産同業組合の調査会は、日立鉱山職員と協議したがまとまらず、26日に幹部の来訪を要請したが出席なく、「一先づ同山との交渉を絶つ」こととした。
(2)27日に久慈郡誉田村にある農商務省の煙草試験場の技師を訪問し、被害葉煙草の煙害有無の鑑定を求めた。
(3)26日に久慈郡機初村の葉煙草耕作者約30人は「郡技手が煙害を是認し居れるにも拘らず鉱山調査員は全然そを否認した」として郡長に陳情] ▼記事15
 〃
 〃 7月29日 鉱山幹部と会見 久慈煙草耕作者
久慈郡葉煙草耕作者は27日に誉田村にある農商務省の煙草試験場の技師を訪問した。技師からは「責任ある鑑定」を断られたが「決して病害のみにあらざる事は、之を認別した」として、郡役所を介して鉱山幹部との交渉を郡書記に要望すると、郡役所は日立鉱山に対し29日の調査委員会に幹部の出席を求めた]
 〃
 〃 8月9日 多賀煙毒協議 救済会組織の計画
多賀郡における煙害問題については、郡内から7人の実行委員を選定し、各種陳情や煙害救済会の組織化についての検討を委ね、昨年から活動してきた。今回救済会の組織化案がなり、8月12日に松原町松風館における協議会にはかることになる]
 〃
 〃 8月12日 煙毒被害交渉 補償率増加要求
久慈郡の日立鉱山煙害調査会は8月10日太田町法然寺に総務委員会を開催。麦作補償の増額を要求]
被害率は鉱山回答率より五分増加し、一反当り収穫量に二石七斗五升、補償歩合単価は既往三ヶ年の平均價格七円四十三銭の標準にて補償すべく、十六日迄に其回答を要求したるが、若し応ぜざれば更に会見交渉すべしと
 〃
 〃 8月26日 久慈煙害解決方針 縣技師派遣申請
久慈郡の水府煙草生産同業組合の調査会は、専門知識がないことが交渉に不利だとして、県に専門家の派遣を申請]
 〃
 〃 10月3日 久慈煙毒交渉 鉱山の要求承認
[1914年度の麦作について、久慈郡太田町外七ヶ村聯合煙害調査会と日立鉱山の「妥協」成立し、補償金の受渡しが終わる。作物試験地5ヶ所要求は4ヶ所に減じて設置することで鉱山が承認] ▼記事16
 〃
 〃 10月4日 煙毒損害金要求
[9月28日、多賀郡高岡村大字大能の被害民は日立鉱山に損害賠償金を要求]
 〃
1915年
大正4
3月1日 大煙突使用認可。この年の煙害問題新聞記事は見あたらなかった。つまり、大煙突により社会問題としての煙害は消滅したと言ってよいだろう]
1921年
大正10
8月25日 日立の煙毒で農作物赤くなる 茄子はコロコロ落ちる 被害甚大
多賀郡日立村の滑川で「近来稀に見る」煙害が発生する。煙害発生の過程が知られる] ▼記事17
常総新聞
1941年 10月17日 日立鉱山煙毒で久慈秋繭五割減 養蚕家対策に腐心中
久慈郡の機初・誉田・佐都・佐竹・西小沢・河内・中里7ヶ村の桑葉が被害を受け、その桑葉を食べた蚕が生育不良をおこす]
いはらき市史

住友別子銅山煙害問題視察

上記表中の1911年(明治44)5月17日付の記事に多賀郡の有志が愛媛県の別子銅山の四阪島製錬所を視察のため18日出発すると伝えている。そして同年7月7日付記事で、愛媛県の四阪島鉱山つまり別子銅山における煙害対策について「精錬の制限及び損害賠償等頗る妥当にして、之を日立鉱山に比すれば実に雲泥の相違」と多賀郡の被害者は述べる。視察報告会は7月6日に開かれた。それが7月9日付の 記事7 である。

視察者は多賀郡豊浦町長桜山寿一、櫛形村長鈴木彬高、同村郡会議員樫村菊太郎、坂上村書記森山子之松らである。彼等は別子銅山四阪島製錬所において「米麦作の重要期間四十日は一日の製煉十万貫以上に出づるを制限し、尚四十日の内十日間開花結実の際は鎔鉱炉の作業を中止」すなわち制限熔鉱を行なっていることを知った。

実際はどうだったのか。末岡照啓「近代日本の環境問題と別子鉱山の煙害克服」(『住友史料館報』第48号)が詳しくのべている。別子銅山の煙害問題解決のため、1910年10月25日から11月9日まで、東京の農商務省において大臣斡旋により協議会が開催された。出席者は愛媛県知事、東予の郡長4人、農民代表10人、住友側から総理事、理事、別子支配人の3人であった。会議の前日には農商務大臣主催の晩餐会が開かれている。会議の最終日11月9日に大臣裁定が下された。

主な内容は(1)賠償額の確定(2)年間の製錬鉱量を設定(3)製錬作業の制限(4)3年毎の見直し協議、の4点である。

(1)では過去3年間と今後3年間の賠償額を定め、(2)で年間の製錬鉱量を5500万貫(約21万トン)と限定し、(3)では米麦の開花出穂期40日間の処理鉱量を1日10万貫(375トン)、最重要期間に10日間の製錬作業休止することとし、(4)で技術や設備の進歩により煙害が減少したときのことを考慮して(1)から(3)について3年毎に協議してゆく、というものであった

多賀郡の南部の村ではこの別子における被害について政府・県・郡の積極的関与と銅山側の制限熔鉱の事例を把握していたのである。

主要記事全文

[凡例]

記事1 日立鉱煙毒一段落 1909年(明治42)6月14日付『いはらき』新聞

●日立鉱煙毒一段落
多賀郡日立鉱山事務所と日立、高鈴其他関係村民との間に於ける鉱煙毒被害賠償問題は、被害民側の委員と鉱山事務所代表者とが屢々会見交渉を重ねたる結果漸く妥協成立し、去月下旬を以て一先づ円満なる解決をみるに至れり。今其条件なるものを聞くに、山林の部にありては煙毒の最も激甚なる山上の官有地百二十町歩を借り入れ、民有地百町歩を買収し、其他は被害の程度の異なるに従ひ差等を付して所有主に賠償金を提供するものにて、其平均額は一反歩に付一ヶ年二十銭、此全面積八百町歩の広きに亘り、更に煙毒の附近に飛散する程度を軽減せんがため大雄院製煉所の煙筒を高さ三百尺と為すに決せり。次に耕地方面は毒素の流失し去る赤沢川[註]沿岸の中、被害の程度最も甚だしき上流地帯十町歩の田畑を全部事務所にて買収し、下流の比較的激甚ならずと目される地帯は、所有主より高き歩合を以て一旦之を事務所へ小作に入れ付け、更に低き歩合を以て所有主の手に小作を為すの契約を取交はし、其差額を以て賠償額に充つる事と為したり。以上の契約は何れも向ふ五ヶ年間の期限にして事務所にては此間に適当なる耐煙木を購入し、各山村の所有主に無代配付して栽培せしめ被害の程度を試験すると同時に、一方鉱毒の最も甚しき日立村の一地点を選んで農事試験場を設け、専門の技師三名を聘して農作物に対する被害の程度を試験し、五年の後試験の結果を標準として更に関係村民との契約を締結する筈なれば、未だ之を以て永久に解決を告げたるものとは見るべからざるも、相互の熱心と交譲とにより格別の騒擾をも醸さず平穏の間に茲に一段落を告げたるは喜ふべき現象と云ふべし
  1. [註]赤沢川:宮田川のこと
  ▲戻る

記事2 日立煙毒防止運動 1910年(明治43)5月19日付『いはらき』新聞

●日立煙毒防止運動
 ▽大林区署長の実地踏査
多賀郡日立銅山の煙毒問題に就いては近来益々其の被害の度を高め、遠近一帯の樹木日に月に茶褐色と変色し来るに従ひ之が陳情の叫び日に熾んなるを致しつつゝあるが、茲に久慈郡機初近郷即ち小里郷の区民有志の如きも過半来寄り寄り集会を催し煙毒防止に関して協議する処ありし結果、愈々実地調査となり、東京大林区署に向かつて陳情する所ありしかば有田同署長は属官数名を従へ十四日太田、大子、高萩の各小林区署管内に出張して、石井大子、広瀬高萩、小森太田の各署長等に案内せしめ日立鉱山附近を中心として花園、助川、入四間、太田、瑞龍等の森林に就て実地踏査をなし昨日 帰署したるが、視察の結果を聞くに、被害の程度は豫想外に拡大し苟くも軽視し得べからさる程度に達し居るものと認め銅山当局者とも種々協議を凝らし何等かの方法を以て今日の内に防止手段を講ぜずば茲数年を出でずして附近の樹木は一帯に枯死するに至らんと云ふにありて被害の範囲は今後必らずや桑園農作物にも及ぶべければ銅山にても近々実地を調査して可然方法を講ずる筈なりと云ふ。之に付て小里郷一帯の区民は即刻にも防止手段を講ぜしめざる可からずとて、又々昨今機初に会合して銅山及び県庁、大林区署に対し再び陳情すべしと熱心に協議しつゝあり。されば有田大林区署長も更に来る二十五六日頃を期し再び同地出張の上尚一歩進めて精細なる実地踏査をなすはずなりと云ふ
  ▲戻る

記事3 日立鉱山の煙毒補償 1910年(明治43)9月30日付『いはらき』新聞

●日立鉱山の煙毒補償
多賀郡日高村山林二百五十町歩に対する日立銅山煙毒被害に付き、去二十八日同村宇佐美吉郎、樫村滋、志賀純、茅根仙蔵、小貫豊吉、石川俊之助等は鏑木鉱山技手と助川眺洋館に会見し種々協議の結果、台帳記載反別に三割五分を増して実測反別となし、立木補償として一反歩四円、生育補償として一反歩四十銭を鉱山より出すことに決定したり。又同郡黒前村よりも樫村定男、樫村精一郎、樫村健三郎、樫村広助、岩間品之助等同二十八日鉱山事務所に到りて各自所有の山林五十町歩に対する損害補償を要求したるに、来月四日より鉱山技手出張して被害状態の実地調査を為せし上補償額を定むることに協議纏まりたりと
  ▲戻る

記事4 日立煙毒請願 1911年(明治44)1月23日付『いはらき』新聞

●日立鉱山煙毒請願
 ▽廿一日貴衆両院へ提出
多賀郡日立村宮田日立鉱山の煙毒は事業の拡張に伴つて被害の波及著るしきより、此程同郡の元老多賀銀行頭取樫村定男、松原町長石平三郎の両氏発起となり過般松原町に松岡、松原、豊浦、黒前、櫛形の被害地主の大会を開き委員十五名を選任し、調印を取纏め中なりしが、二十一日各町村に於ける調印悉皆取纏まりしより樫村定男、樫村精一郎、石平三郎外一千名にて左記の請願書を貴衆両院並びに農商務省に提出せりと
  ▲戻る

記事5 松原町の煙害補償 1911年(明治44)6月3日付『いはらき』

●松原町の煙害補償
 ▽被害民総代との協定
多賀郡松原町大字秋山、島名、石瀧の煙毒被害者宮田重雄、大高馬次外三十余名は、去一日石松原町長立会の上小峰満男氏宅に於て日立鉱山庶務課長角弥太郎氏に会見し、小峰、宮田、大高の三氏被害民代表者として煙毒被害補償に就き種々交渉せし結果極めて円満の妥協成り、補償方法を左の如く協定したりと
  ▲戻る

記事6 久慈郡煙害問題 1911年(明治44)6月6日付『いはらき』

●久慈郡煙害問題
 ▽日立鉱山役員の談
久慈郡各町村に於ける日立鉱山煙毒問題は将来益々重大を加ふるの形勢なるが、過般佐竹、誉田両村の委員鉱山に到り交渉せし結果、鉱山役員鏑木徳二氏は四日佐竹村、翌五日誉田村に到りて山林、農作物の損害補償を約して帰山したるが、当時鏑木氏は或人に語りて郡内二十ヶ村の山林に対する具体的詳細なる煙害調査は本年末までに決すべく、農作物の被害補償は現物調査の上決定するの方針なり。鉱山に於ても成可被害区域の減少を希望し、之が為め現在の高さ八十尺、筒口直径十八尺の煙突を丈低く口径小なる二三本の煙突に改め放煙を稀薄せんと欲し、来る八月之が試験的実行を為すの計画なり。又た鉱山にては可成被害山林の荒廃を防ぐことを期し、大島桜の如き耐煙樹を植付けはしめんとて既に那珂郡石神に之が苗圃を設置したり。要するに鉱山側に於ても煙毒被害者の事情に就いては充分注意し居る所なれば、被害者側に於ても鉱山を以て唯々貪欲無情なるものゝごとく誤解せざらんことを望む云々と謂ひたりと
  ▲戻る

記事7 日立鉱山煙毒問題 1911年(明治44)7月9日付『いはらき』

●日立鉱山煙毒問題
 ▽別子銅山視察報告会
既報の如く日立鉱山煙毒問題研究解決の目的を以て多賀郡豊浦町長桜山寿一、櫛形村長鈴木彬高、同村郡会議員樫村菊太郎、坂上村書記森山子之松の四氏の別子銅山視察の報告会を去る六日助川駅眺洋館に開会せり。其報告の要旨は別子銅山は日立鉱山に比し煙毒稀薄にして其害毒の有無を検する為めに薬品を塗布せる旗を所々に樹て置き、直ちに其徴候を知り得る様にし、耕作物就中米麦作に重きを置き、政府は勿論県郡当局者及警察署も頗る被害民に同情して其煙毒補償の解決遺憾なからしめるを期しつゝあることを本県と多いに類を異にし、千個所以上の試作地をも設け銅山及被害側の便に供するのみならず一面政府の参照たらしめ、農工業の衝突を緩和し、農業者をして銅山事業の犠牲たらしむるが如きこと断じて無からしむることを期し居れり。而して米麦作の重要期間四十日は一日の製煉十万貫以上に出づるを制限し、尚四十日の内十日間開花結実の際は鎔鉱炉の作業を中止せり。日立鉱山が毫も郡民の苦痛損害を顧みず、此地の産出のみならず各地よりドシドシ輸入し無制限に製煉し、害毒を激甚にするは大に猛省を要する所、然るに我政府及県郡当局者が之を冷眼に付するは大に遺憾なり。故に我々は充分当局者の反省を促し、之が救済の道を講ずべしと言ふにありて、近々国分村役場に委員を会同して今後は運動方法を確定する筈なり。尚ほ其当日日立鉱山庶務課長角弥太郎氏と会見し、被害区域及樹木損害基本調査の延引を責め、八月下旬までに実行する事を誓はしめ散会したるが、当日の参会者左の如し 尚運動の一方法として南部十ヶ町村に一町村一名宛の委員及主査四名宛を置き、農商務、内務、貴衆両院に対し陳情し、救済方法の調査を請ひ、根本的に解決を求め、一面には日立鉱山に向つて補償の率を高むる事を厳談する筈なれば、該報告会は大に郡民をも刺激し、今後の行動は必ずや世人の刮目すべきものあるべしと
  ▲戻る

記事8 煙毒被害総代と多羅間郡長 1911年(明治44)7月27日付『いはらき』

●煙毒被害総代と多羅間郡長
 ▽知事へ陳情するに決す
日立銅山煙毒問題に付多賀郡南部煙毒被害民総代丹坂上、大内河原子、大窪国分、山形豊浦、大津黒前の各町村長及び桜山寿一、樫村菊太郎の諸氏は二十五日郡役所に多羅間郡長を訪ひ、煙毒問題は一郡の利害旧戚に関する重大問題な問題なるも、今や郡民殆んど奔命に疲れ余儀なく僅かの補償にて泣寝入りとなり居れるの状況を詳述して、日立銅山との交渉を同郡長に依頼し、本問題を円満に解決せられたしと切望し、郡長は昨今囂々たる批難は畢竟不徳の致す処、而して又た煙毒問題に関し諸君を満足せしめ得ざるは深く遺憾とする処なれば迚、誠意尽力せん事を誓ひ左の請願書を坂知事に提出する事とし、一同引取しが 該請願書は郡長の同意副申を得て、南部十ヶ町村[註]長より委員を設け、来廿八日出県、被害の状態を親しく坂知事に面陳する筈なりと
  1. [註]南部十ヶ町村:多賀郡坂上村・国分村・河原子町・鮎川村・高鈴村・日立村・櫛形村・黒前村・松原町・松岡村
  ▲戻る

記事9 国分村民煙害補償談判 1911年(明治44)9月14日付『いはらき』

●国分村民煙害補償談判
 ▽六百の被害民鉱山に押寄す
多賀郡国分村にては日立鉱山煙毒の為め麦作、野菜、果樹類の被害年々激甚の度を加ふるより、大字金沢二十名、大久保十名、下孫十一名の委員を選び、去る三日より両度まで鉱山に向ひ交渉する所ありしも要領を得ざるを以て、去十二日払暁村民六百余名日立鉱山事務所に到り厳談せんとしたるに、松原警察署長谷口警部は部下の部長巡査を召集して之を鉱山内にて喰止め、煙害問題に関し法律の範囲内に於て行動するは妨げなきも、斯の如く多数集合して事を云為せんとするは、治安上黙許し能はざる所なれば、よろしく委員を選びて交渉せしむべしと説諭し、結局委員として金沢は鴨志田蔵次郎、同稲太郎、石川毅一郎、円井専十郎、大石国吉、石井歌吉、林万五郎、雨留之介の八名、下孫は長山虎男、同與太郎、同栄次、同亀太郎、石川浅太郎、長山勝蔵、久保木喜平、同保太郎、同福寿、黒沢万之助の十名、大久保は江尻万吉、山内昌太郎、富岡佐吉、大窪訓一、鈴木清一、同半蔵、根本虎太、和知米太郎、岡部新太郎、和地福松の十名を選び、角鉱山庶務課長と会見し、一反歩の麦作平均三石五斗に対し一割減と見積り、一石六円の相場として一反歩二円十銭の損害補償を得んことを要求せしに、角課長は煙害の程度を知るは容易の事にあらず、且つ気候、病虫風害などの関係にて場所に依り其の程度を異にすべきを説き、委員は現在の補償額の甚だ僅少なるを言ひ、課長は大字大久保百四十町歩に対しては七百円、金沢百三十町歩に対しては百五十円、下孫六十八町歩に対しては四百四十円の補償を為さんと言ひしも、委員らは一反歩平均一円五十銭を下ることを承諾せずと主張せし為遂に交渉不調に終り、被害民等は午後八時鉱山を退去したるが、飽まで其意志を貫徹せしめんとて目下其方法手段に就て評議中なりと
  ▲戻る

記事10 煙害試験場設置計画 1912年(明治45)8月25日付『いはらき』

●煙害試験場設置計畫
 ▽久慈郡下に二町十ヶ村
 ▽当局試験成績秘密露現
久慈郡に於ける日立鉱山煙毒被害区域は太田、久慈、中里、河内、佐都、誉田、機初、世矢、坂本、西小沢、東小沢、佐竹の二町十ヶ村にして、就中世矢、坂本、東西小沢、佐竹の五ヶ村は殊に甚だしきものあり。蔬菜被害の如きは既報の如く去る十六日太田町木崎江幡屋に日立鉱山角弥太郎氏と前記五ヶ村代表者会合したる其席上に、角庶務課長は蔬菜の枯死するは全然煙毒にあらずして露菌病害なりと主張し、賠償金支出方を拒絶したるより、関係町村民は多少露菌病害あるやも計り知らざれど、其過半は確かに煙毒に相違なしと之亦固く我を張りて応ずべくも見えざるより、羽田郡長其他有志等の仲介あり、一先つ散会する事となり、一方被害の真相は果して虫害か煙害かを研究する為め関係各町村に試験場を設置すべき事を以てせしより、代表者等は今更改めて其要を認めずとて有耶無耶の間に散会したるが、当時被害民等は角庶務課長の露菌病害なりと主張するその理由及び本県技師山越金次郎氏の試験結果内容に就て問ふ処ありしも、何故か当局者はその内容を罹災区民に対し悉知せしむるを躊躇し、当分の間は内容説明の時期にあらずと体よく説明を拒絶し、一方今日の場合賠償金請求の騒擾を惹起するは寧ろ関係町村民に利あらずとて、泣寝入りを諭旨されて代表者も手を引くのやむを得ざるに至り、その後空しく時日を経過するも、何故か当局は未だに内容を秘密に付しあれば、被害民は露菌病とのみにて深く其の内容を知る能はず。然れども今確なる方面より漏れ聞くに山越技師の試験成績は被害百分中露菌病八十、虫害十、残り七八は風水害にて、其他の二三は植物生理状態上不明と云うに過ぎざるなり。右試験の結果に徴すれば勿論煙毒は寸分の影響を蒙り居らざるものゝ如きも、多年の経験に徴すれば去る結果のものにあらずとは被害民の主張して止まざるより、郡当局者は近き将来に於て賠償の名目にあらずして何等かの方法に基づき鉱山側より多少の慰問金を支出せしむると同時に、二町十ヶ村内に郡農会と鉱山協同の被害調査試験場を設置すべく目下計畫されつゝあるに拘はらず、何故か鉱山側に於ては其後逃げ尻を構へ事捗どらざるを知りたる幸久村長寺門仁助、同助役大内幾之介其他十数名の委員らは率先二十三日鉱山事務所に押し寄せ、何等か交渉する処ありたるが、一方郡衙に於ても一両日中に交渉に関する督促を発する手筈なりと。因に同郡役所にて被害蔬菜の試験方を農商務省に出願せしに、此程の同回答に依れば被害の原因は全部露菌病と認む。之が豫防は普通発病期よりも二三週間前より三斗式乃至五升式石灰「ボルドウ」液を撒布すべし。若し発病期早ければ葉の二三枚開展したるときより薬液の撒布を初むべし。又薬液の撒布期間に天気乾燥して発病の虞れなければ二週間隔の撒布期間を延長して三週間隔として可なるべしと云ふにありたり
  ▲戻る

記事11 煙草の煙毒被害 1913年(大正2)7月6日付『いはらき』

●煙草の煙毒被害
 ▽久慈郡農会の調査
久慈郡中日立鉱山に近き町村の農作物は殆んど毎年該鉱山の煙害を被らざることなく、本年も去月末より中里、佐都、誉田、河内、久米、山田の六ヶ村は被害の兆候現はれ、農作物中害の著しきは煙草にて、大字里の宮、白羽、根本、茅根の各字の如きは生育一ヶ月余にて葉茎の伸張したるに、二日夜の煙害にて忽ち枯死の状態に変じたるより、被害耕作者等協議の上委員百余名鉱山に到りて被害状況視察のため技師の急派を求め、一方郡に報告したれば郡農会弓削技手出張調査する所あり。尚ほ被害葉茎を採集して其の研究中なるが、各町村の被害は余程大なるべき見込みなり
  ▲戻る

記事12 煙草の煙毒交渉 1913年(大正2)7月18日付『いはらき』

●煙草の煙毒交渉
 ▽組合提出の八条件
日立鉱山煙害につき水府煙草生産同業組合より顧問中郡猛夫氏、佐藤教師外七名の代表者を以て鉱山に談判交渉中なることは既報の如くなるが、十二日代表者等は角鉱山庶務課長と会見の際、除害工事の施設、煙害の為め遂に非産地となれる場合の救済の方如何、採集期に於ける被害調査方法、中里、太田、染和田の三ヶ所に作物被害調査出張所の設置及び今回の煙害補償等八条件提問せしに、同課長は問題重大なる為め速答する事能はず、今後一週日以内に回答すべきことを約したるが、昨日までは未だ回答到達せざる由、又た今回の被害反別は目下各委員の手に調査中にて其の程度軽微の作地までを合すれば約六百町歩に上るべく、佐都村大字白羽、茅根、機初村大字田渡等十二三町歩は全滅の状態に在り、而して当局に於ては太田収納所井上技手調査せる上十七日専売局より高林技師出張し、佐藤組合教師の案内にて直ちに機初村を視察し、本日は佐都村を踏査する筈なるが、一方鉱山にては所員を派遣して各耕作者に就き賠償を交渉し、染和田村大字和久、町田の耕作者とは既に協定成立せしやの噂あり。之に対し一般耕作者は今回の被害は組合全体に亘り此の際に於て煙害に関する根本的解決を為し置くの必要あるを以て、両字の耕作者が妄り鉱山の交渉に応じたることを憤り居れり
  ▲戻る

記事13 煙毒調査会議 1914年(大正3)7月26日付『いはらき』

●煙毒調査会議
 ▽鉱山当局者と会見
水府煙草生産同郷組合地区理事会は二十四日同事務所に開会し、繩菰取扱ひに関する件及煙害補償協定の件に就て付議したる後、煙毒調査会に移り、日立鉱山側より尾関、袖山の両氏出席し協議の結果、補償協定の根基は到底実被害の損害を償ふ能はざるより左の如き決定案を二十五日の調査会に提出することに決し散会したり
  ▲戻る

記事14 銅山誠意無し 1914年(大正3)7月27日付『いはらき』

●銅山誠意無し
 ▽調査会の憤激
既記久慈郡二町十一ケ村聯合より成る日立銅山煙害調査会は二十五日正午より太田町法然寺に於て総務委員会開会、同会よりは中村、稲田、大津三常務委員を始め大内、平沢、小林、矢吹、五来の各総務員、菊池、小祝、棚谷三理事其の他東小沢、坂本、佐竹、金郷、久米の各町村よりも有志若干出席の上、銅山側と第五回会見の際同会より要求し置きたる麦作の補償歩合を齎し、出席せる鏑木、宮崎、袖山の三銅山員に対し回答を求めしに、銅山側は珂北三郡に設け在る四ヶ所の試験地に於ける本年度麦作被害を綜合し被害標準の基礎を立てしに、大麦一割七厘、裸麦一割五分ハ厘、小麦は多少被害を認め得ると説明し、会よりは久慈郡の麦作被害地は何処なりと認むるやと質し、銅山側は実地踏査せるに佐都、誉田、久米、太田、機初の一町四ヶ村は全部被害地と認め得たるも、他は軽微なりと頗る曖昧なる回答をなせるより、坂本、東小沢、西小沢、久慈の一町三ヶ村総務委員は被害調査を要求せざるを奇貨とし、被害なしと逃るかと一同憤激し、假令被害町村より調査の要求無きにもせよ調査するが当然なりと銅山の誠意なきを痛罵し、頗る不穏の状況なりしが、結局銅山側の補償標準歩合等は実被害と甚しき懸隔あるを以て聴くの要なしとし、同会は来月一日更に銅山側と会見し、総被害の反別及補償歩合等の案を立て改めて補償を要求し、銅山にして再び誠意を欠くの回答なる時は総務員各支会長及耕作人は、茲に最後の決心を定め断固たる方針を執るに到るべしとし六時閉会したり
  ▲戻る

記事15 煙毒交渉の其後 1914年(大正3)7月28日付『いはらき』

●煙毒交渉の其後
 ▽たばこ耕作人の集会
太田町水府煙草生産同業組合調査会は二十四日委員全部出席の上協議会を開きたる事は既記したるが、更に二十五日は天下野調査会より根本酉次郎氏外数氏の来訪を受けて相互研究する処あり。
午後は鉱山より尾関、神山二氏来訪して会見を遂げしも要領を得ざるを以て、更に二十六日責任ある開山幹部の出席を要求したるも遂にその出席なかりしを以て、委員は□く同山の不誠意を憤り一先づ同山との交渉を絶つ事とし、一方誉田村馬場所在農務省煙草試験場に伊藤技師を訪ひ煙害に関する実地試験の状況を聴取し、而して各被害地より収集せる葉煙害は就て煙害有無の鑑定を請ひ、この結果により対鉱山の交渉方針を決定する事とし同組合和田副長、稲田委員、関根、和田両教師及弓削技手は二十七日同場に伊藤技師を訪問したるが、一方被害民側は水府組合及び煙害調査会を唯一の頼みとして一向ひたすらその解決如何を嘱望し居れるが、鉱山側の不誠意より交渉は何等著しき進捗を見ざるを以て日一日と鉱山非難の声を高め居るの状況にして、被害町村中機初村五大字の莨耕作民は郡技手が煙害を是認し居れるにも拘らず鉱山調査員は全然そを否認したりとて大にその態度に激昂し、就中被害もつとも甚しき長谷、高貫両区耕作民約三十名は二十六日突然郡衙を訪ひ、郡長に面接して陳情する処ありしが、尚幡区耕作民も一両日以来鎮守の森に会合協議しつつあり、其他田渡、西宮二大字にても寄々協議中の由なれば、是亦近日中には何等か具体的の行動に出るならんと云ふ
  ▲戻る

記事16 久慈煙害交渉 1914年(大正3)10月3日付『いはらき』

●久慈煙害交渉
 ▽鉱山の要求承認
太田町外七ヶ村聯合煙害調査会は屢記の如く日立鉱山と数次交渉を遂げたる結果、本年麦作被害補償は此程妥協成りて補償金の受渡を了したるが、附帯要求たる作物試験地を五ケ所に設置する件も太田町及誉田、機初、佐竹、久米の四ケ村に反別五畝を限度として設置することを承認し、同時に該地所選定及耕作人選任の件を依頼し来りたるを以て、同会にては農商務省鉱務署より被害調査の為め派遣せし森島技師の被害地踏査状況報告を併せ、三日午後二時より同事務所に総務員各支会長の会合を為すこと
  ▲戻る

記事17 日立の煙毒で農作物赤くなる 1921年(大正10)8月25日付『常総新聞』

 日立の煙毒で
  農作物赤くなる
          茄子はコロコロ落ちる
            被害甚大
多賀郡日立村滑川高臺、鎮守の森を中心として国道左右数十町歩に近来稀に見る著しき畑作物の煙毒被害あり。松葉は赤色を呈し、大豆小豆、牛蒡甘藷、陸稲の如きは一と霜をあびたる如く、殊に茄子は大小共ころころ落ち、其他の野菜も悉く枯萎の状を呈したるを以て被害民も其被害程度の甚だしきに驚き、直に之を日立鉱山事務所に通知し、目下銅山技師に依り調査中なるが、右は去る一日朝西南方より徐に吹きおくられたる一団の密雲□一時間程前記一帯の高台に低迷せしかば、之に日立鉱山煙毒混入し、折から枝葉に滴る朝露に附着し、斯かる被害を見たるものゝ如く全く稀有の事なりと
  ▲戻る