茨城県水産誌 第二編 目次

旧水戸領内であつた今の多賀郡大津町海岸から東茨城郡磯浜町海岸の地先に於て難破船となつたもので漁船ではなく運送船であるが、其積載の貨物には海産もあり御城米其他雑貨等であるが必ずしも海産物積載の難破船に限らず之を全部掲載し寛文年間から文政年間まで編年体に記述した

これは編者大内地山の本書冒頭の説明である。

江戸時代、水戸藩領の沖合で難破した船の記録。第一編同様史料集である。船といっても多くの場合漁船ではなく、年貢米などの輸送船である。その場合積荷が記録されており、漁業というより海上輸送の歴史をたどれる史料集である。編まれ、発刊されたのが戦時下の1943年(昭和18)であることに驚く。

なお、本書で用いられた史料は、那珂湊市史編さん会編『那珂湊市史料 第一四集(近世破船編)』(2003年)によれば、湊の大内家所蔵になる文政6年(1823)成立の「破船御用留」で、大内家は代々船庄屋を務め、廻船業も営んだ豪商であるという。

本書から70年後に発刊された『…第一四集』と内容はほぼ同じであるが、『…第一四集』は本書のことにいっさい触れていない。どんな事情があるのだろうか。存在を知らなかったはずはないのだが。

内容細目

第二編目次
1伊奈代官の城米船が磯浜で[寛文10]*… 1
2松平亀千代の米船が磯浜沖で[寛文10]*… 6
3茂庭重主水船が磯浜沖で[寛文13]*… 8
4仙台堺屋米船が磯浜沖で[寛文10]*… 13
5相馬長門守の米船宮田沖で[寛文12]*… 16
6干鱈船が宮田沖で遭難[寛文12]*… 18
7相馬領米船が宮田浜へ乗上ぐ[寛文12]*… 21
8内藤右京の米船が宮田浜で[寛文12]*… 23
9伊達上野の年貢大豆[後欠 寛文13]*… 26
10仙台陸奥守の米船が磯浜で[寛文13]*… 27
11伊達上総守の年貢大豆船[寛文13]*… 31
12石巻の米船磯浜沖へ[寛文13]*… 34
13相馬長門守米船が磯浜へ[寛文13]*… 37
14高戸村丑ノ御城米船が宮田へ[延宝元]*… 51
15仙台領米船が平潟へ乗上ぐ*[延宝5]*… 48
16漂着木炭の処分[延宝6]*… 49
17内藤釆女の荷船が宮田へ[延宝6]*… 51
18仙台領月浦船が磯浜へ[延宝7]*… 53
19漂着した漁船の処分[延宝8]*… 56
20内藤右京米船が磯浜へ[延宝8]*… 57
21漂流漁船と難破船[延宝9]*… 59
22紀伊国漁船が磯浜沖へ乗上ぐ[延宝9]*… 60
23から船破損して処分[天和2]*… 63
24内藤采女の米船磯浜へ乗ぐ[天和2]*… 64
25ほしか船磯浜へ乗上ぐ[天和3]… 67
26秋田信濃守の米船が磯浜で[天和4]*… 70
27仙台陸奥守の米船が磯浜へ[貞享元]… 71
28内藤右京太夫の米船が磯浜へ[貞享2]*… 75
29水戸藩御用木炭を磯原から[貞享2]*… 79
30相馬の雑貨船が磯浜へ[貞享2]*… 84
31塩鰯船の難破[貞享2]*… 94
32内藤右近の米船が磯浜へ[貞享2]*… 97
33水戸藩御城米を川尻から[貞享5]… 102
34鰹節、塩鰹積載船の難破[元禄3]*… 105
35江ノ網[岩城領]の米船が遭難[元禄3]*… 107
36木材を積載の船が久慈浜から[元禄3]*… 110
37内藤能登守の米船が遭難[元禄4]*… 113
38相馬の大豆商船が磯浜へ[元禄4]*… 118
39松平陸奥守の延鉄積船が磯浜へ[元禄10]*… 124
40岩城領下川村浦の商船が磯浜へ[元禄10]*… 127
41江戸御用炭船が磯浜へ[元禄12]*… 131
42磯原の炭船が磯浜へ乗上ぐ[元禄12]*… 134
43相馬弾正の城米船が磯浜へ[元禄12]*… 137
44小名浜の商船が磯浜へ[元禄13]*… 140
45内藤能登守の米船が磯浜へ[元禄14]*… 145
46内藤能登守の米船二艘磯浜へ[宝永7]*… 151
47江戸御用炭を磯原から湊まで[正徳元]*… 154
48松平陸奥守の米船が石巻から[宝永8]*… 162
49内藤能登守の米船江の網から積立[正徳2]*… 164
50運搬船遭難の際の注意告示[正徳4]*… 173
51小名浜積出し商船が中湊へ[正徳5]… 175
52五艘で米を積み江の網を出帆[享保9]*… 176
53相馬讃岐守の米船熊川から積立*[享保9]*… 181
54江戸廻し米船を岩城領岩間村から[享保10]*… 187
55内藤備後守の米穀を山田浜から[享保11]*… 194
56内藤備後守の米船磯浜へ[享保14〜16]*… 195
57水戸御城米籾を川尻積出し湊川口へ[享保16]*… 211
58内藤備後守の御台所米を江の網から[享保17]*… 218
59幕府城米東海廻り取扱手続[享保20]*… 225
60内藤采女の米穀を磯原から[天和3・享保20]*… 231
61材木積立て津軽三馬屋から[元文元]*… 233
62江戸から中湊の藤七へ城米御用飛脚[年号欠 享保20ヵ]*… 237
63幕府城米を仙台領若松浜から[享保20]*… 239
64水戸藩川炭船が大貫磯浜両村へ乗掛く[元文3]*… 243
65木炭城米積船難破善後策[元文3]*… 245
66内藤備後守米船が磯浜へ[元文3ヵ]*… 257
67木炭積荷船が磯浜沖で難破[元文3ヵ]*… 258
68内藤銀市郎米船小名浜から積立[延享3]*… 261
69幕府城米積載船が沢尻村で難破[寛政2]*… 265
70松平大蔵大輔物成籾を川尻から[寛延4]*… 268
71木炭城米を積載して高戸浜から[安永2]*… 279
72木炭と物成籾を積載して滑川から[安永2]*… 284
73城米積船が川尻から[天明7]*… 287
74城米積船が田尻浜から[年号欠]*… 291
75城米積船が高戸浜から[天明9]*… 293
76城米積船が磯浜へ[年号欠]*… 308
77尾張知多郡の廻船磯浜へ乗上ぐ[寛政元]*… 310
78船敷板一枚漂着を御注進[寛政2]*… 315
79大阪の廻船が南部大畑から材木積立[寛政6]*… 321
80三ヶ村の城米を積立て磯原から[寛政6]*… 356
81城米籾積載[川尻出]船が湊川口まで[年号欠 文化4ヵ]*… 363
82仙台の廻船が材木積立石巻から[寛政11]*… 364
83城米積荷の小廻船が磯原から[享和2]… 382
84城米積荷して湊川口に水船[文化4]*… 394
85相馬領原釜の商船が那珂湊へ[会瀬に避難中に破船 年号欠]*  … 404
86仙台領寒沢港出帆して足洗沖で難破[年号欠]… 407
87福赦丸が平潟出帆して沖合で破船[文化13]… 408
88伊豆下田浦の船が磯浜沖で遭難[文化13]*… 419
89廻船遠州沖で破船平磯沖へ漂流[文化14]*… 429
90石神御陣屋城米を那珂湊へ[文化2]*… 431
91城米積込の空船湊川口で破船[文化13]*… 435
92南部宮古浦から鰯粕を積出した廻船[文政2]*… 468
93仙台明伝丸が石巻から出帆[文政2]… 471
94川尻から城米を積立で湊川口へ[文政3]*… 485
95十三人乗房州漁船が湊川口へ[文政3]*… 517