日本坑法 1873年制定・施行

1873年(明治6)に制定された日本坑法の条文を紹介する。

鉱業に関する法律制定経過

1873年(明治6)7月20日、日本坑法制定、同年9月1日施行
 1890年(明治23)9月26日、鉱業条例公布。92年施行。日本坑法廃止
   こちら 鉱業条例
 1905年(明治38)3月7日、鉱業法公布。同年7月1日施行。鉱業条例廃止
   こちら 旧鉱業法
 1950年(昭和25)、新鉱業法制定。旧鉱業法廃止

テクスト
 国立公文書館「太政類典」第2編(同館デジタルアーカイブ)に収録されたものによった。

参照文献
 幸豹三編『現行増補 日本坑法類纂』(1881年3月刊 国会図書館デジタルコレクション)
 井上幸吉編輯『改正増補 日本坑法』(1884年4月刊 国会図書館デジタルコレクション)

翻刻にあたって

 

目次 ── 第一章 坑物|第二章 試掘|第三章 借区開坑|第四章 通洞|第五章 坑業|第六章 廃業|第七章 製鉱所建築|第八章 税納|坑法附示


[明治6年]七月二十日
第二百五十九号

今般鉱山其他諸坑業の規則別冊の通改定候に付ては凡坑物に関係の事件は工部省に於て総管せしめ候条自今金属其外諸坑物営業の儀都て同省へ可申立候、此旨布告候事

 日本坑法

 

[別記1]   [別記2]    [別記3]