史料 帝国議会における日立鉱山鉱毒水質疑
  1908年

茨城県日立村の江戸時代からつづく鉱毒水問題は、1905年(明治38)久原房之助の登場によって急速に収束に向かった。日立村の鉱毒水問題に当事者として、リーダーとして取り組んだ佐藤敬忠の「赤沢銅山沿革誌」によれば、1906年(明治39)6月30日には「妥協成立」した〈こちら 橋本治「資料紹介 赤沢官有地立木伐採問題」〉。久原が赤沢銅山を買収してから半年後のことである。この収束期における帝国議会での日立鉱山鉱毒水に関する質疑を紹介する。

根本正(茨城県那珂郡出身)議員の質問にあるように、政府にとって、また日立鉱山経営者の久原房之助にとっても、足尾鉱毒事件が日立の鉱毒水問題解決に大きく影響していることはたしかである。

日立鉱山から西へ一つ山を越えた久慈郡中里村大字入四間は煙害の激甚地であった。その煙害調査委員長であった関右馬允は、鉱毒水問題が日立鉱山と日立村にもたらした影響について、「日立鉱山としては、河川流域の小区域は全部耕地を買収しても大した金額でもなく、却って耕地──殊に水田に嫌気が差した宮田、助川の灌漑区域を比較的捨て値で買収して了ったので、年を経るに従って、従業員住宅や工場敷地に益々土地を要する鉱山としては全く開いた口に牡丹餅と云った思わぬ巨利を獲得して、現在の様な大面積の地積を握って素晴らしい資産を作り上げた」と回想する(『日立鉱山煙害問題昔話』p.24)

この表現に関の日立鉱山への皮肉を感じる。煙害問題では地域と企業の「共存共栄」を求めた関のなかに矛盾があるように思えてならない。しかし日本における近代化(鉱工業化)過程とはそうした矛盾を抱えながら歩んできたということなのであろう。日立市という地域もまた鉱工業化の矛盾のうちに存在する。

なお、赤沢銅山および日立鉱山における鉱毒水問題の全体像については、橋本治「鉱毒水と地域」(『鉱山と市民』第1部 通史編>第1編 赤沢銅山のころ>第2章 明治の銅山経営>第2節地域社会の動向)を参照されたい。

史料について


[本文]

史料1 衆議院議員根本正の日立鉱山鉱毒水についての質問速記録

一 根本正君外一名ヨリ鉱毒ニ関スル質問趣意書ヲ提出セラレタリ
    〔左ノ質問趣意書ハ朗読ヲ経サルモ参照ノ為茲ニ掲載ス〕

 鉱毒ニ関スル質問趣意書
右成規ニ拠リ提出候也
   明治四十一年三月十四日
            提出者 根本 正  加瀬禧逸
            賛成者 浅野陽吉 外二十九名

 [中略]

〔根本正君登壇〕

○根本正君 諸君、鉱毒ニ関スル質問ノ趣意ヲ簡単ニ述べマス
 [根本は前出の質問趣意書を讀み上げる。同文につき略]
此四箇條ノ鉱毒ニ関スル質問デアリマスガ、此茨城県多賀郡ノ日立村ニ在ママストコロノ銅山ニ於キマシテハ、近来非常ナル鉱毒ヲ蒙ッテ居ル訳デアリマス。之ニ對シテ政府ハ此鉱業人ニ何故ニ此除害工事ト云フモノハ命ジナイカ、是ハ既ニ規則ニ定マッテ居ルコトデアリマスガ、政府ハ之ヲ等閑ニシテ置ク、故ニ非常ナル損害ヲ来シテ居ル訳デアリマス。実ニ此日立村ノ人民ハ将ニ飢餓ニ沈マントシテ居ル訳デアッテ、非常ナル困難ヲ来シテ居ル。殊ニ政府ニ聴キタイノハ、明治三十七年八月中ニ人民ガ除害工事ヲシテ貰ヒタイト云フコトヲ申請シタ、所謂出願シタケレドモ、其時分ノ政府ハ未ダ害ガ及バヌカラ、共除害工事ヲスルニ及バナイト言ッテ其請願ヲ却下シタ。是等ハ最モ甚ダシイコトデアッテ、害ガ及バナイ中ニスルノガ、即チ除害工事デアッテ、既ニ今日ノ如ク五十町幾ラト云フ段別ノ中デ、四十町歩モ害ノ及ンデ、未ダセザルト云フヤウナ、病人ニナッテシマッテ、今将ニ死ナントスルトキニ漸ク医者ヲ頼ムト云フヤウナ訳デ、実ニ政府ノ方針ト云フモノハ迂濶ノミナラズ、人民ノ蒙ッタ損害ハ非常ナモノデアリマス。此事ヲ殊更ニ政府ニ聴キタイノデアリマス。此ノ如ク此ノ地方ハ実ニ此水田ト云フモノハ、十ノ八九ト云フモノハ、植付ケルコトモ出来ズ、此儘ニ置キマシタナラバ、ヤハリ此栃木県ノ谷中村ノ二ノ舞ヲ履マンケレバナラヌト云フヤウナ有様デアリマス。実ニ此ノ如キコトハ、独リ農商務ノ手落ノミナラズ、私ノ見ル卜コロニ依リマシテハ、内務省ニ於キマシテモ甚ダ牧民ノ任ヲ缺イデ居ルト思フコトデアリマス。ドウカ是ニ付テハ農商務大臣及内務大臣ハ慎重ニ調査ヲシテ、速ニ之ニ對スル答辨アランコトヲ望ミマス

1908年(明治41)3月14日開催 衆議院本会議議事速記録第15号

  1. * 根本正:嘉永4年(1851)常陸国那珂郡東木倉村生れ。茨城県久慈郡を地盤として、1898年(明治31)から1924年(大正13)まで衆議院議員

史料2 根本正の質問に対する農商務大臣答弁書

1908年(明治41)3月26日
「根本正外一名提出鉱毒被害ニ関スル質問ニ対シ農商務大臣答弁書衆議院ヘ回付ノ件」