大煙突後の煙害
史料 多賀郡煙害調査書

目次──調査の概要|調査書から史料 多賀郡煙害調査書|参照文献


調査の概要

煙害に冷淡な行政

日立鉱山の製錬所が本山の山あいから平地部の大雄院移転跡地に移り、中央(大雄院)製錬所として動きだすのは1908年(明治41)の11月末。翌09年には被害が現れはじめ、10月には百人を超える多賀郡の被害民が松原町(高萩市)にある多賀郡役所に陳情に向かおうとして、警官によって阻止されるという事件が起こった[1]

その7年後の1915年(大正4)3月1日、日立鉱山の煙害対策の切札として高煙突が通煙をはじめ、半年後の9月から多賀郡農会[2]は排煙の「来襲」調査を開始した。遅きに失した感のある調査開始である。それまで組織だった調査がなされなかったのである。その理由は県や郡役所など行政が被害を座視していたからである[3]。被害交渉はそれぞれ旧村(大字)単位で鉱山と行なわれる。個別交渉にしても他村の状況を知ることは賠償交渉に影響するであろうし、なによりも煙害防止設備の設置を求めるには、全体の被害実態をもとに被害民がひとつになることが必要だった。それには郡と県の積極的関与が必要だった。しかしそれはなかった。久慈郡においても同様であった[4]

多賀郡会の調査

調査対象町村図

多賀郡の被害民が業を煮やして煙害対策の先進地、別子銅山製錬所の煙害状況について1911年(明治44)7月に現地視察を行なうと[5]。愛媛県では県知事も郡長も被害民の側に立って加害者別子銅山との交渉の場にいたことがわかった。郡長を批難する声が上がると、ようやく郡長も動き出すが、それでも調査機関の設置はなかった。郡会は制限付きだが郡民の選挙によって選ばれるから、被害民の声を代弁した。1913年(大正2)9月多賀郡会は煙害調査機関設置に関する意見書を県知事に提出した。翌14年8月那珂・久慈・多賀の3郡会[6]議員と町村長は連署して県知事に調査機関の設置と除害設備の実施を請願した。

1914年3月多賀郡長が代わり、郡会は翌15年度予算に調査費200円を計上し、1915年9月から19ヶ月におよぶ調査が開始された。県あるいは国に求めた煙害調査機関の設置は採用されず、郡役所ではなく、郡会が単独で調査を始めたのであった。

煙害があらわになって足かけ7年もかかった公的調査機関の設置である。その調査は次のような態勢で行われた。

(1)調査期間:1915年(大正4)9月16日〜1917年3月31日
 (2)調査主体(調査委託者):多賀郡会
 (3)調査機関(調査受託者):多賀郡農会
 (4)調査態勢:煙害調査委員(12人)─ 町村農会調査主任(14人)
 (5)調査区域:南は坂本村、北は南中郷村までの多賀郡内14町村。
   1916年(大正5)3月には北中郷村と華川村が加わる。
 (6)調査内容:月ごとに各町村の排煙の「来襲」とそれによる被害状況を記録。

  1. [註]
  2. [1]1909年10月22日付『いはらき』新聞
  3. [2]多賀郡農会:1881年(明治14)に農業技術の改良発達を主たる目的として大日本農会が設立され、多賀郡農会は1898年(明治31)頃に農業技術の普及をめざして設立される。事務所は松原町大字高萩の郡役所内(『多賀郡史』)。農会法は農会令とともに1900年4月施行。1905年農会令、10年農会法改正をへて、町村─郡─県─国という系統化がはかられる。
  4. [3]1911年7月19日・22日・23日付『いはらき』新聞 煙害関連新聞記事は こちら にあり
  5. [4]『常陸太田市史 通史編 下巻』
  6. [5]1911年5月17日・7月7・9・16・19日、1914年12月16日付『いはらき』新聞 概要は こちら にあり
  7. [6]郡会:1890年(明治23)に郡におかれた議会。1899年に郡制が改正され、直接国税三円以上納付者を選挙権者とし、直接国税五円以上納付者を被選挙権者とする直接選挙となった。1923年(大正12)郡制廃止にともない廃止。

調査書から

被害の表記

「報告様式」において、「煤煙襲来程度」を劇甚・濃・淡の3種に分けるよう規定したのだが、実際には濃厚、稍濃、強、弱、稀薄などさまざまな表現が混じることになる。定められた3分類では表現しきれないということなのであろう。同様に被害の有無も、単に「被害ナシ」「○○ニ被害アリ」だけではなく、「被害ヲ認ム」「被害ヲ認メズ」「被害ヲ認メルヲ得ズ」ならわかるが、「被害不明」「被害明カナラズ」とはどういうことなのか。被害がなかったというのではなく、わからないというのである。劇甚あるいは濃と認められ、通常なら被害がでるほどの流煙なのだが、直ちに変化が表れない。変化があれば「被害アリ」と書けるのだが、数日後あるいはもっと先にしかも局所において被害が現れるかもしれず、その場合被害の有無を留保する、という態度のように思える。また多賀郡の山間にある黒前村や高岡村では各集落間を往来するのは、海岸部の平坦な地域に比べて困難であることは想像がつく。本報告書の「煙害来襲調査表」の基となる調査は農会から委嘱された各町村に一人宛配置された煙害調査主任によるものである。地域の実情に即した調査員の配置が必要だったが、郡会および村民の負担も限度だったのであろう。また町村によって調査の精度もまちまちである。とくに豊浦町の報告は粗い。いろいろと事情があるのだろうが。とは言っても全体を通してみれば、被害の実態は理解できよう。

被害は4月から6月に集中

1916年(大正5)一年間の流煙来襲報告総数は437件。そのうち162件で被害報告がある。月別被害発生状況をみると、総被害報告162件のうち4〜6月の3ヶ月で75件、46.3%を占める。この時期は畑作物や樹木の生育期だからであろう。

被害にあった作物

畑作物とか山林とだけのおおまかな記述が多い。それらを除いて具体的な作物、樹種の記載があるものを次に掲げる。多賀郡にも葉煙草生産地はあるのだが、被害報告はない。
1月 大麦・小麦・油菜・紫雲英・松・栗
2月 大麦・赤松
3月 大麦・松・栗
4月 大麦・小麦・杉・栗
5月 大麦・小麦・藍・甘藷苗・稲苗・赤松
6月 藍葉・稲苗・桃・梅・栗・桜
7月 大麦・小麦・蔬菜
8月 里芋
9月 人参・白菜・大根・菜類・甘藷・胡麻・蕎麦
10月 大根・菜
11月 大麦
12月 大麦

黒前村と高岡村に被害が集中

調査期間の19ヶ月で、被害報告があったのは13ヶ村(南中郷・北中郷・華川村からはない)、197件。そのうち黒前村から90件、全体の45.7%。高岡村から53件、全体の26.9%、2村あわせて72.6%。両村とも大煙突の北方にある[図参照]

補償金額

多賀郡が受けとった日立鉱山の煙害賠償金は、史料巻末の「備考」における記録によれば、14年度(大正3)において10万9898円67銭、16年中は4万9541円80銭であった。日立鉱山による煙害賠償金支払総額は、1914年は23万余円、16年は12万円余である[7]。わずか2年度分の記録でしかないが、郡全体の煙害補償をみるには貴重な記録である。

煙害の傾向と被害の数値化

調査の結果わかったことがある。大煙突完成後においては、日立村以南と以北では被害に次のような違いが表れている。

将来において日立村以南では時々被害がでるものの「大害」となることは予想できない。一方黒前村と高岡村では「郡内第一ノ被害地」となるであろうし、櫛形・豊浦・日高では山間部において「時々被害」をみせることがあるだろう、と分析する。

だが煙害があったとしても、その影響を数値化して示すのは困難であるとする。農作物の減収要因は一つにとどまらない。天候の良否、土地の肥痩、施肥量、病虫害の勘案し、煙の影響度を数値化して補償を請求するには「専門的機関」の設置が必要であり、その経費負担に郡会は耐えられない。ゆえに郡農会の調査法での続行の効果は期待できないので1917年度からの調査は「廃止」する。このように調査報告書は結論する。

多賀郡会は1917年(大正6)度からの煙害調査を「廃止」した。

郡農会の調査は終了したが、町村役場において継続されることになる[8]

  1. [7]『日立鉱山史』第12表 p.144
  2. [8]日立村役場「大正6年 煙害調査日誌」(日立市郷土博物館蔵)。この史料の紹介は、別の機会に譲る。

史料 多賀郡煙害調査書

史料について

「多賀郡煙害調査報告書」の冒頭部分

凡 例


[本文]

内容細目──煙害調査起因|煙害調査方法大正四年流煙来襲及煙害調査表大正五年調査大正五年流煙来襲及煙害調査表大正六年流煙来襲及煙害調査表葉藍及萵苣試作成績結語

  煙害調査起因

日立鉱山煙害調査ノ起因ハ大正二年 十二月[ママ] ノ郡会ニ起リ、郡会ハ一致ヲ以テ煙害調査機関設置ニ関スル意見書ヲ知事ニ提出スルコトヲ決議シ、九月ヲ以テ書面ヲ知事ニ提出セリ。又之レカ貫徹ヲ期センカ為メ議員中ヨリ七名ノ委員ヲ撰定シ(永井市次郎、長山季雄、石川熊太郎、桜山壽一、浅野篤、大塚義次、二田兼次ノ七議員)、委員ハ十日会議ヲ開キ、知事ニ親シク陳情ヲナシ、一方那珂、久慈二郡ニモ交渉スルコトヲ協定シ、委員及穂積県会議員ハ十六日出水、東園内務部長(知事上京不在ノ為メ)会見ノ上意見ヲ詳陳シ、永井、長山、桜山、大塚ノ四委員ハ十七日久慈郡へ、石川、浅野、二田ノ三委員ハ十八日那珂郡へ、久慈ハ太田ニ、那珂ハ菅谷ニ交渉ヲ開キタル結果二郡ハ直チニ同意ヲ表セラレ、時恰モ郡会開会中ナルニヨリ、両郡ハ直チニ郡会ノ決議ヲ以テ知事ニ具申書ヲ提出セリ。越へテ大正三年八月三郡[*那珂・久慈・多賀]郡会議員町村長連署ノ上調査機関ノ設置及除害ノ施設ヲ為サシメランコトヲ知事ニ請願シ、本郡へ別ニ詳細ナル調査ヲナサンカタメ十二月ノ郡会ニ於テ三百円ノ調査費ヲ決議シ、此調査ヲ郡農会ノ事業トシテ大正四年度ヨリ調査ヲ委嘱セラレタリ。之レ調査ノ起原トス

  一 煙害調査方法ニ関スル協議会

本会[多賀郡農会]ハ郡会ヨリ日立鉱山煙害調査ヲ委託セラレタルニ依リ、大正四年五月十八日之レカ調査ニ関スル第一回協議会ヲ開ク。出席者左ノ如シ
会長藤尾武吉 副会長平川敏 幹事二田兼次 技手藤井伊蔵 技手兼書記平澤巳之次郎 南中郷村長大塚義次 郡会議員長山季雄 仝桜山壽一 仝二田兼次 郡農会議員作山民部 仝近藤忠平  郡有志石平三郎 仝松田教蔵 仝樫村菊太郎 仝橋本熊之助 仝宮田厚[職名・氏名は1名1行どりしてあるがつなげて表示した]
右協議ノ結果書類ヲ以テ各方面ニ照会シ、又実地視察ノ要アラバ視察ヲナシ、案ヲ作リ、其上ニテ再協議ヲ為スコトニ決定ス
一 大正四年五月二十七日ヲ以テ左記十二名ニ煙害調査委員ヲ嘱託ス
大窪義一 松田教蔵 長山季雄 桜山壽一 樫村菊太郎 石平三郎 作山民部 大塚義次 近藤忠平 北山勇之助 橋本熊之助 宮田厚[職名・氏名は1名1行どりしてあるがつなげて表示した]

  一 煙害調査委員会議

大正四年七月二十二日調査委員会議ヲ開ク。出席者左ノ如シ
会長藤尾武吉 副会長平川敏 幹事二田兼次 幹事石堂金之丞 技手藤井伊蔵 技手兼書記平沢巳之次郎 調査委員北山勇之助 仝長山季雄 仝橋本熊之助 仝桜山壽一 仝大塚義次 仝石平三郎 仝宮田厚 仝樫村菊太郎[職名・氏名は1名1行どりしてあるがつなげて表示した]

右協議ノ結果、別紙規定及調査方法ニ依リ各町村農会ニ調査主任ヲ置キ調査セシムル事ニ決定シ、町村農会調査主任ヲ当該町村農会長ノ推撰ニヨリ郡農会之レヲ嘱託シ、相当ノ手当ヲ給スルコトヲモ協定シ、且ツ調査区域ヲ左ノ通リ定メタリ
坂上村、国分村、河原子町、鮎川村、高鈴村、日立村、日高村、豊浦町、櫛形村、黒前村、松原町、松岡村、高岡村、南中郷村ノ十四ヶ村トス
   町村農会調査主任左ノ如シ
坂上村内山亀次郎 国分村窪木初衛門 河原子町鈴木光明 鮎川村瀬谷孝太郎 高鈴村井坂豊吉 日立村栗原万之介 日高村関千太郎 豊浦町鈴木英次郎 櫛形村伊師秀太郎 黒前村須田正太郎 松原町大高馬次 松岡村茂又竹五郎 高岡村廣木千里 南中郷村根本興[職名・氏名は1名1行どりしてあるがつなげて表示した]

  一 町村煙害調査主任会議

九月八日煙害調査主任会議ヲ開キ、煙害調査方法ニツキ協議ヲナシ、九月十六日ヨリ一斉ニ調査ヲ開始スルコトニ決定ス。出席者ハ調査主任全部及派出技術員
大正四年中ノ調査成績ハ左ノ如シ

  備 考

一 調査表中ニ記載ナキ町村ハ其月流煙ノ襲来ナキニ依ル

  煙害調査方法

  第一 郡農会ニ於ケル調査

  第二 町村農会ニヲケル調査

  報告様式

  煤煙襲来報告
月 日 来襲区域 来襲程度 天 候  煤煙停滞時間 
     
備考 襲来区域ハ山脈、河川、道路等自然標的ニヨリ、襲来程度ハ激甚、濃、淡、天候ハ晴雨、風向キ、停滞時間ハ午前(后)何時ヨリ何時マデト記載スルコト
  被 害 調 書
土地種別 作物種類 面 積 被害程度  損害量(一反歩当り) 
     
備考 土地種別ハ田、畑、山林、原野、宅地、雑種地等、作物種類ハ被害区域内ノ主タル作物名
  被害程度ハ何割何分
  損害量ハ数量及價額ノ見積

  大正四年流煙来襲及煙害調査表

大正四年九月分煙害来襲調査表
町村名月日天候風候来襲区域仝程度煙害停滞時間及被害状況
国分村九月二十日北東大久保一円午后十時十分ヨリ少時来襲
被害ナシ
九月廿五日羽黒山方面
金沢北向山中以北
午前七時三十分ヨリ八時ニ至ル
被害ナシ
九月三十日北西午后六時頃来煙アリタルモ
鮎川村九月二十日北東諏訪一円午后十時ヨリ少時間来襲アリタルモ
高鈴村九月二十六日村内一円劇甚北風激シク午前十一時ヨリ午后一時ニ至ル
大根・菜類ニ被害アリ
九月二十八日午前六時ヨリ同八時迄
被害ナシ
日高村九月二十五日南西午前六時ヨリ二十分間
豊浦町砂沢一円稀薄午前七時ヨリ午后五時ニ至ル
櫛形村九月四日東南友部及伊師本郷一円午後五時ヨリ約一時間
九月廿五日南西午前八時ヨリ午后一時ニ至ル五時間
櫛形村九月二十八日稀薄午後八時ヨリ同十二時ニ至ル
被害ナシ
黒前村九月十七日晴曇東南全村午前十時ヨリ午後五時マデ、大根・菜・甘藷・山林ニ被害アリ
九月十八日東南東福平*午後五時ヨリ十時マデ五時間、蔬菜ニ被害アリ
九月二十一日北東高原南部方面午前十時ヨリ午後三時ニ至ル
被害ナシ
九月二十四日東南全村午前九時ヨリ夜半ニ至ル
九月二十五日南々西全村夜半ヨリ午前九時ニ至ル
九月二十八日全村午前十一時ヨリ午后一時ニ至ル
*福平は現在高萩市に属する。黒前村は櫛形村とともに1955年の大合併により十王村となるが、その前年に黒前村大字福平は高萩町(旧松原町)などとともに高萩市を形成する。
松原町九月十七日晴曇東南全村稀薄三時間来襲
九月二十四日秋山方面午前十一時ヨリ午后二時迄
九月二十七日全村終日時々来襲
九月二十一日北東午后一時ヨリ同六時ニ至ル
九月二十二日東南午后六時ヨリ十二時迄
松原町九月二十七日東南全村午前十一時ヨリ午后一時迄
大根・菜類ニ被害
黒前村九月十七日福平全部午前六時ヨリ八時迄
藤坂、高原ノ
内加良沢全部
午前十時ヨリ午后一時迄
大根及山林ニ被害アリ
九月十八日福平字桃源午前四時ヨリ十一時迄
九月二十四日西南福平・山部・藤坂全部午前九時ヨリ午后六時迄
藤坂ハ大根・菜ニ被害アリ
九月二十五日藤坂字志茂及山部全部劇甚午前十一時ヨリ午后一時迄
蔬菜・山林ニ被害アリ
九月二十七日東南福平全部午前十時ヨリ午后八時迄
胡麻・人参及山林ニ被害アリ
九月二十八日藤坂ノ内志茂正午ヨリ午后一時迄
被害ナシ
[襲来報告計 国分村:淡3回 鮎川村:淡1回 高鈴村:劇甚1回・淡1回 日高村:淡1回 豊浦町:稀薄1回 櫛形村:稀薄3回 黒前村:劇甚2回・濃7回・淡4回 松原町:濃1回・稀薄5回]
    十月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
櫛形村十月三日伊師本郷ヲ中心トシ全村午后五時ヨリ九時ニ至ル、畑作物ニ
被害ヲ認ム
高岡村十月八日東南全村劇甚前日ヨリ午前十一時迄 山林ニ
被害ヲ認ム
黒前村十月二日福平字桃源午前九時ヨリ正午迄 大根・菜ニ
被害アリ
高原ノ内川向・加良沢全部午前十時ヨリ午后五時マデ 仝
十月三日福平全部 午后三時ヨリ同十一時迄 山林・畑作ニ
被害アリ
十月四日藤坂・山部・福平午前六時ヨリ午后十時半迄 大根・菜ニ
十月五日東南藤坂・山部午前七時ヨリ午后三時迄
十月六日山部全部午前六時ヨリ午后二時迄 山林・麦ニ
十月七日西南藤坂全部午后八時ヨリ十二時迄
十月八日藤坂・高原・山部全部午前壱時ヨリ午后三時迄 山林及畑ニ
十月十六日高原ノ一部午前九時ヨリ午后四時迄 山林畑ニ
被害アリ
十月三十日山部全部劇甚午前十一時ヨリ午后五時迄 菜・大根ニ
被害アリ
[合襲来報告計 国分村:稀薄3回 河原子町:稀薄3回 鮎川村:濃1回、稀薄3回 高鈴村:濃2回、淡1回 日立村:稀薄3回 日高村:稀薄3回 豊浦町:稀薄3回 櫛形村:濃2回、稀薄2回 黒前村:強1回、劇甚1回、濃6回、淡4回 松原町:稍濃1回、稀薄3回 高岡村:劇甚1回、濃3回、淡4回、稀薄1 南中郷村:淡2回]
    十一月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
高岡村十一月七日曇雨南東全村劇甚午後六時ヨリ翌日マデ 山林畑ニ
被害アリ
十一月八日南〃前日ヨリ引續午前十時ニ至ル
[襲来報告計 坂上村:稀薄2回 高鈴村:稀薄2回 日立村:稀薄2回 日高村:淡1回 櫛形村:稀薄3回 黒前村:濃5回、淡2回 松原町:濃3回、稀薄2回 高岡村:劇甚2回、濃4回、淡5回 松岡村:淡7回]
    十二月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
6
高岡村十二月十三日南西全村劇甚午后五時ヨリ翌日ニ至ル 畑作及山林ニ
被害アリ
十二月十四日西前日ヨリ引續キ午前五時迄 山林ニ
[襲来報告計 国分村:稀薄1回 河原子町:稀薄1回 鮎川村:稀薄1回 日立村:稀薄1回 日高村:淡1回 黒前村:濃6回、稍濃1日、淡7回 松原町:濃3回、稀薄2回 松岡村:淡1回 高岡村:劇甚3回、濃4回、稀薄3回 南中郷村:淡5回]

一、大正五年一月ヨリ大正六年三月ニ至ル調査左記ノ通リ
二、調査表中ニ記載ナキ町村ハ其月流煙ノ襲来ナキニ依ル

[改丁]

   大正五年調査

一、煙害調査主任会議
三月二十日本年度調査事項ニ付調査主任会議ヲ開キ、調査上ノ協議ヲ為ス。派出技手並ニ各主任出席ス
右会議ノ結果北中郷村及華川村ヲ調査区域内ニ入ルコトト為ス。調査主任左ノ如ク村農会長ヨリ報告アリ
     北中郷村瀧千秋 華川村鈴木庄作

一、藍ノ試作
藍ハ煙害ニ対スル抵抗力弱キ作物ニシテ弱煙ニモ被害兆候ヲ顕スヲ以テ、被害調査資材トシテ各町村数ヶ所宛計四十六ヶ所ニ試作シ煙ノ来否、被害ノ状況ヲ調査シ、他作物トノ比較調査資材ト為シタリ。其成績別紙ノ通リ

一、萵苣ノ試作
萵苣モ煙害ニ対スル抵抗力弱キ作物ナルヲ以テ調査区域内ニ試作シ、冬季煙害ノ状況調査資材トシテ作付ケヲ為サシメタリ、其成績別紙ノ通リ

一、住友鉱山煙害視察
三月二十日調査主任会議ノ協議ニヨリ他山ヲ視察シ調査方法其他取調参考資材タラシムル目的ニヨリ、三月二十五日ヨリ七日間幹事石堂金之丞別子鉱山ヲ視察ス

   大正五年流煙来襲及被害調査表

大正五年一月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
町村名月日天候風候来襲区域仝程度煙害停滞時間及被害状況
坂上村一月十四日-水木全部及大沼ノ一部午前四時ヨリ午后二時迄十時間 麦・油菜類
被害甚大ナリ
櫛形村一月九日村内一円午前九時ヨリ同八時迄 麦・紫雲英ニ被害 麦四分、紫雲英一割五分
高岡村一月九日南西村内一円劇甚午前三時ヨリ同十時迄七時間
山林ニ被害アリ
黒前村一月十五日川向、加良沢午前十時ヨリ午后四時ニ至ル
大小麦被害約一町五反歩
一月三十日福平ノ一部強烈午后一時ヨリ四時間
大小麦ニ被害アリ
[襲来報告計 坂上村:濃1回 国分村:稀薄1日 河原子町:稀薄1日 鮎川村:稀薄3日 高鈴村:淡2日 日立村:稀薄1日 日高村:濃1日、淡1日 豊浦町:淡4日 櫛形村:濃1日、稀薄1日 黒前村:強烈1日、濃1日、淡3日、弱1日 松原町:濃1日、淡6日 高岡村:劇甚1日、濃1日、淡6日 南中郷村:濃1日]
    二月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
坂上村二月二日-水木・大沼甚大午前三時ヨリ午后二時迄十一時間
麦ニ被害アリ
二月五日-村内一円午前八時ヨリ午后五時迄九時間
二月十四日-大字大沼・水木午前四時ヨリ午後二時迄十時間
二月二十八日-同上及森山一部午前十一時ヨリ午後三時迄四時間
黒前村二月十四日福平方面午前十時ヨリ正午ニ至ル
麦ニ被害ヲ認ム
[襲来報告計  坂上村:甚大4 国分村:稀薄1日 河原子町:稀薄1日 鮎川村:稀薄1日 日立村:稀薄2日 日高村:淡1日 豊浦町:稀薄2日 櫛形村:稀薄1日 黒前村:濃2日、淡3日、弱1日 松原町:濃1日、淡2日、稀薄1日 高岡村:濃3日 南中郷村:淡2日]
    三月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
黒前村三月十二日川向・加良沢午后一時ヨリ四時迄
被害ノ徴候ヲ認ム
廿九日福平、川向・加良沢午后一時ヨリ五時迄
被害ノ徴候アリ
[襲来報告計  坂上村:濃1日、淡4日 河原子町:淡2日 鮎川村:稀薄2日 高鈴村:稀薄1日 日立村:稀薄3日 豊浦町:淡1日 黒前村:強3日、濃1日、弱2日、淡1日 松原町:濃1日、淡2日 高岡村:濃3日 南中郷村:淡2日]
    四月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
高岡村〃九日西南全村午前五時ヨリ翌日ニ至ル十九時間
杉、栗、其他被害アリ
四月十日前日ヨリ引續午前七時ニ至ル
〃十二日午前十時ヨリ午后八時迄十時間
山林ニ被害ヲ認ム
〃十三日7午前九時ヨリ午後一時ニ至ル四時間
麦ノ葉先白色ニ変ス
〃廿一日西南西午后八時ヨリ八時迄三時間
山林ニ被害ノ徴候アリ
〃廿三日南西午后一時ヨリ四時迄三時間
黒前村四月七日全村午前十時ヨリ午后十時ニ至ル
大麦ノ葉先白色ニ変ス
〃十一日劇甚午后一時ヨリ午后四時半ニ至ル
大小麦ニ被害アリ
〃十二日午前七時ヨリ午后七時ニ至ル
〃十三日午前七時ヨリ十時半ニ至ル
山林、大小麦ニ被害アリ
〃十四日午后四時ヨリ五時ニ至ル
廿一日午后三時半ヨリ四時ニ至ル
麦ニ被害アリ
廿三日午后一時半ヨリ三時ニ至ル
廿八日東南午后三時ヨリ五時ニ至ル
廿九日午后三時ヨリ五時ニ至ル
山林ニ被害ヲ認ム
[襲来報告計  坂上村:稀薄1日 国分村:稀薄1日 河原子町:稀薄4日 高鈴村:淡2日 日高村:淡1日 豊浦町:淡1 櫛形村:濃5、淡4日 黒前村:劇甚8、劇1、淡5日 松原町:濃4、淡1日、稀薄1日 松岡村:淡1日 高岡村:濃8、淡3日 南中郷村:淡4日]
    五月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
坂上村五月一日-大沼・森山一円午前四時ヨリ同十一時迄七時間
麦ニ被害ヲ認ム
豊浦町五月中---果樹類ノ被害、仝日三割
櫛形村五月七日-劇甚櫛形村川上東泉寺山附近ヨリ黒前村山部黒磯ヨリ小幡ノ前方ニカケ恰モ帯ヲ引キタル如ク細長ク赤松ニ対スル被害甚タシク数日後□赤色ニ変シタリ
高岡村五月四日西南西村一円午前八時ヨリ同十時迄二時間
山林ニ被害ヲ認ム
五月十三日東南午后五時ヨリ同七時迄二時間
藍変色萎縮セリ
五月三十日西南午后七時ヨリ十二時迄五時間
山林ニ被害認ム
黒前村〃五日全村劇甚午前十一時ヨリ午后六時ニ至ル
藍ニ被害アリ
〃六日東南午后一時ヨリ五時ニ至ル
藍葉ニ被害アリ
〃七日高原・福平方面激烈午后四時半ヨリ七時半ニ至ル
諸作物ニ被害大ナリ。被害ノ標本アリ
五月十日西南高原・福平午前八時ヨリ午后五時迄
麦ニ被害アリ。被害ノ標本アリ
〃十一日全村午前十時ヨリ午后三時ニ至ル
大小麦ニ被害アリ。被害ノ標本アリ
〃十三日高原・福平方面正午ヨリ午后十時ニ至ル
小麦・甘藷苗ノ葉先白変ス
〃十四日高原・山部方面午前八時ヨリ十一時ニ至ル
麦ノ葉先白変ス
〃十六日高原方面劇甚午后三時ヨリ六時ニ至ル
稲苗ニ被害アリ
〃廿三日南西全村午后五時ヨリ同七時ニ至ル
藍・甘藷・麦多少ノ被害ヲ認ム
〃廿四日午前九時ヨリ十一時迄淡、午后三時ヨリ六時迄
農作物・山林ニ被害アリ
〃廿六日南西山部午前八時ヨリ午后三時迄
松葉ニ被害ヲ認ム
〃廿七日西南全村午前八時ヨリ午后三時ニ至ル
農作物ニ被害アリ
〃廿九日午前六時ヨリ午后五時ニ至ル
稲苗五分位葉先変色アリ
〃三十日終日終夜濃厚農作物・山林ニ被害多シ
[襲来報告計  坂上村:劇1  日立村:稀薄2  豊浦町:濃1 櫛形村:劇甚1・濃2・淡3 黒前村:激烈5・劇甚3・濃厚1・濃4・淡4 松原町:濃4・淡1 松岡村:淡3 高岡村:濃4・淡4 南中郷村:淡2 北中郷村:淡1 華川村:淡1]
    六月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
豊浦町六月中----果樹類ノ被害一割五分一
高岡村〃五日西南西全村劇甚午後三時ヨリ同七時迄四時間
山林ニ被害アリ
〃六日南東南午前五時ヨリ午后九時迄十六時間
藍葉萎縮ス
〃七日西南西午前十一時ヨリ午后七時迄二時間
藍葉ニ被害アリ
〃十一日午前九時ヨリ午後十時迄十三時間
山林ニ被害ヲ認ム
六月十四日東南東劇甚午前十一時ヨリ午后六時迄
栗桜等ノ葉青色ス
〃十五日午后一時ヨリ七時迄
〃十六日午前十一時ヨリ午后五時迄
〃十七日東南午前三時ヨリ同七時迄
〃十八日東南東午前十一時ヨリ午后二時迄
〃廿日東南午后五時ヨリ午后八時迄
藍葉枯色ス
黒前村六月一日西南高原・福平午后一時ヨリ十一時ニ至ル両大字
被害ヲ認ム
〃二日高原午后二時半ヨリ同五時迄
〃七日午前曇午后晴西南高原・福平午前九時ヨリ午后八時迄
畑作物ニ被害アリ
〃十一日全村午前九時ヨリ午后八時ニ至ル
稲苗代被害、雑草ニ迄及ブ
〃十二日西南午前七時ヨリ十時ニ至ル被害
十一日ト同ジ
〃十三日全村午前十時ヨリ午后八時ニ至ル
煤煙低ク垂レ、被害多シ
〃十六日午前曇午后雨高原・福平方面午前八時ヨリ午后八時ニ至ル
山林・畑作ニ被害ヲ認ム
〃十七日午前曇午后晴南々西-午前四時ヨリ午后七時ニ至ル
藍ノ葉ニ被害ヲ認ム
〃二十一日午前雨午后曇南々西山部一円午前九時ヨリ午后三時ニ至ル
藍葉被害アリ
〃二十五日曇、午后六時雨全村午后二時ヨリ同五時ニ至ル
農作物、桃・梅ニ被害アリ
[襲来報告計  坂上村:淡3  豊浦町:-  櫛形村:淡1  黒前村:(6月14日は午前中淡で午後濃となる。各々カウント。「被害不明」)濃15・淡9  松原町:濃2・淡1  松岡村:稍濃1・淡6  高岡村:劇甚11(この内被害がなかったのが2回あり)・濃2・淡4  北中郷村:濃1・淡1  華川村:濃1・淡1]
    七月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
高岡村〃二日南東南全村劇甚午前六時ヨリ同十二時迄六時間
山林ニ被害ヲ認ム
〃三日午前六時ヨリ同十一時迄五時間
〃五日南西南午后八時ヨリ同十二時迄四時間
畑作ニ被害アリ
〃八日
〃二十日西南西劇甚午后五時ヨリ同十時迄五時間
山林・蔬菜ニ被害アリ
〃三十日東南東劇甚午后四時ヨリ同十二時迄八時間
山林・畑作ニ被害アリ
七月三十一日南東南全村劇甚午後0時ヨリ同九時迄九時間
山林・畑作ニ被害アリ
黒前村〃四日午前晴
午后曇
高原・福平方面劇甚午前八時ヨリ午后八時ニ至ル
大小麦ノ葉白変被害アリ
同十六日午前西南
午后南
高原方面正午ヨリ午后三時ニ至ル
大小麦被害アリ
〃二十日午前晴
午后曇
午前十時ヨリ午后六時ニ至ル
作物ニ被害ヲ認ム
〃二十一日午前曇
午后晴
全村劇甚午前十一時ヨリ午后四時ニ至ル
作物・立木等ニ被害アリ
〃二十二日
午前十一時ヨリ午后四時ニ至ル
農作物ニ被害ヲ認ム
〃二十三日高原方面午前十時ヨリ午后七時ニ至ル
作物ニ被害ヲ認ム
〃三十日全村午后四時ヨリ夜半ニ至ル
農作物ニ被害アリ
〃三十一日午前0時ヨリ同十一時ニ至ル
被害アリ
[襲来報告計  坂上村:淡2  国分村:淡1  河原子町:淡2  日立村:稀薄1  櫛形村:稀薄1  黒前村:劇甚4・劇1・濃3・淡1  松原町:淡3  松岡村:淡3  高岡村:劇甚5・濃4]
    八月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
高岡村〃一日東南全村午前一時ヨリ午前四時迄
被害山林ニ認ム
〃十七日劇甚午后九時ヨリ同十二時迄
山林及畑作物ニ被害アリ
〃二十四日午后四時ヨリ同十二時迄
〃二十九日劇甚午後0時ヨリ三時間、午后四時ヨリ九時迄
山林ニ被害アリ
〃三十日西南午後三時ヨリ九時迄
〃三十一日南西南午前七時ヨリ午后十二時迄
黒前村八月一日黒田方面午前一時ヨリ午后一時迄
被害ヲ認ム
〃十七日高原・黒田方面午后一時ヨリ三時ニ至ル
被害ヲ認ム
〃二十九日全村午后二時ヨリ七時ニ至ル
稲ニ被害アリ
〃三十日午前十時ヨリ午后四時ニ至ル
里芋葉白変被害アリ
〃三十一日午前四時ヨリ同十時ニ至ル
作物ニ被害アリ
[襲来報告計  坂上村:淡1  国分村:淡1  日高村:淡2  櫛形村:薄1  黒前村:劇3・濃1・淡4  松原町:濃2・淡1  高岡村:劇甚5・濃2・淡3]
    九月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
櫛形村九月五日西南友部午前十一時ヨリ正午迄
午後三時ヨリ同八時迄
午后八時ヨリ同二時迄  蔬菜ニ被害ヲ認ム
〃七日友部・伊師本郷午後七時ヨリ二時間
松原町〃十日南西全町午前八時ヨリ同十一時迄
山林ニ被害ヲ認ム
〃十一日未明ヨリ午前九時迄
高岡村〃五日西南西全村劇甚午前五時ヨリ八時迄
山林及畑作ニ被害アリ
〃八日午后八時ヨリ同十二時迄
山林ニ被害ヲ認ム
黒前村〃五日西南-午后一時半ヨリ四時ニ至ル
人参・白菜・大根ニ被害アリ
〃十日全村午前七時ヨリ同十一時ニ至ル
蔬菜類ニ被害多シ
豊浦町〃十日西北砂沢被害アリ
〃十一日
二十日、二十二日、二十三日、二十四日、二十五日--劇甚畑作被害五割以上、其中蕎麦ハ八割以上ノ被害アリ、被害ノ標本ハ別ニ之レヲ保存セリ
[襲来報告計  坂上村:淡3  日高村:淡2  豊浦町:劇甚5・淡2  櫛形村:濃3  黒前村:劇1・濃1・淡7  松原町:濃3  松岡村:淡3  高岡村:劇甚2・濃2・淡4  南中郷村:淡1]
    十月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
櫛形村十月二十三日西南友部正午十二時ヨリ同三時迄
畑作物ニ被害ヲ認ム
〃二十四日午前十一時ヨリ午后二時迄
[襲来報告計  坂上村:淡6  櫛形村:濃2  黒前村:淡10  松原町:濃1・淡1  高岡村:濃3・淡4]
    十一月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
日高村十一月
二十七日
西南小木津午前八時ヨリ午后六時迄
麦ニ被害アリ
櫛形村〃二十七日全村午前八時ヨリ午后六時マデ
麦ニ被害ヲ認ム
松原町〃二十四日全町午前八時ヨリ同九時迄
麦ニ被害ヲ認ム
〃二十七日午前十時ヨリ午后三時迄
山林ニ被害ヲ認ム
高岡村〃六日南西南全村劇甚午前六時ヨリ午後七時迄
豊浦町十一月中-来襲五回大麦ノ被害約四割、四反歩余
黒前村六日南々東全村午前五時ヨリ十二時ニ至ル
被害ヲ認ム
七日午後0時ヨリ同六時ニ至ル
二十日西南-正午ヨリ午后三時ニ至リ
麦ノ葉変色ス
[襲来報告計  坂上村:淡  国分村:淡1  鮎川村:淡1  日立村:淡1  櫛形村:濃2・淡2  黒前村:濃3・淡5  松原町:濃4・淡1  高岡村:劇甚1・濃1・淡1  南中郷村:濃2  北中郷村:淡1  華川村:淡1]
    十二月分煙害来襲調査表 [被害が現われたもののみ掲出]
鮎川村十二月五日全村午后一時ヨリ六時迄
麦ニ被害ヲ認ム
〃十五日西北午前十一時ヨリ午后三時迄
黒前村〃十二日午前晴
午后曇
東南全村午前十一時ヨリ午後一時ニ至ル
麦葉白変ス
〃十七日午前九時ヨリ午后四時ニ至ル
[襲来報告計  坂上村:淡1  国分村:淡1  鮎川村:濃2・淡1  高鈴村:淡1  日立村:稀薄2  日高村:稀薄2  豊浦町:淡1  櫛形村:濃3・淡2  黒前村:濃2・淡3  松原町:濃1・淡2  松岡村:淡1  高岡村:濃1・淡1]

   大正六年流煙来襲及被害調査表

大正六年一月分煙害襲来調 [被害が現われたもののみ掲出]
松原町-----針葉樹 松五十町
凋葉樹 栗二十町
黒前村〃七日午前南
午后南<ママ>
全村午前九時ヨリ午后二時ニ至ル
麦ニ被害ヲ認ム
〃十三日午前西
午后西南
-午前五時ヨリ午后二時ニ至ル
一月二十日西福平方面午后一時ヨリ十二時ニ至ル、麦作ニ対シ二十二日ニ至リ大ニ被害顕ル
[襲来報告計  坂上村:淡1  国分村:淡1  日立村:淡3  日高村:濃1・淡1  櫛形村:淡1  黒前村:濃3・淡5  松原町:濃3・淡1  高岡村:劇甚1・濃2]
大正六年二月分煙害襲来調 [被害が現われたもののみ掲出]
鮎川村〃八日晴   西北全村午前九時ヨリ午后五時ニ至ル
赤松ニ被害アリ、反別約百四十町歩
黒前村〃十六日高原方面 〃 午前九時ヨリ午后四時ニ至ル
麦ニ被害ヲ認ム
〃二十四日午前晴
後后晴
午前西南
午后西
高原方面午后一時ヨリ三時ニ至ル
麦作、葉先白変ス、二十六日ニ至リ発見
[襲来報告計 坂上村:淡2  国分村:淡1  鮎川村:濃1  日立村:淡2  豊浦町:-  黒前村:濃3・淡2  松原町:濃1 松岡村:淡1  高岡村:濃1]
大正六年三月分煙害襲来調 [被害が現われたもののみ掲出]
松原町〃三十一日秋山方面午前五時ヨリ午后二時ニ至ル
松五町歩、栗二十町歩被害アリ
高岡村〃八日-劇甚午前九時ヨリ十二時マテ
被害ヲ認ム
黒前村八日午前南
午后西
-午前八時ヨリ九時迄マテ及午后二時ヨリ仝三時ニ至ル及午后五時ヨリ五時半ニ至ル
麦ニ被害アリ
〃十八日-午前八時ヨリ十時迄及午后三時ヨリ四時ニ至ル
麦ニ被害アリ
[襲来報告計   坂上村:淡5  国分村:淡1  河原子町:淡1  豊浦町:「三月中 来襲アリシモ被害ヲ認メス」 櫛形村:淡2  黒前村:濃3・淡12  松原町:濃1・淡1  松岡村:淡1  華川村:劇甚<ママ★★>1  高岡村:劇甚1・濃5・淡1]

   葉藍及萵苣試作成績

   藍試験成績調 第一期調査
町村大字名試作人氏名作付反別苗生育模様本圃植付月日六月末迄ノ被害状況
坂上村水木内山亀次郎一畝歩良好六月十二日煙毒ノ被害ヲ認メス
〃  大沼大江万太郎十五歩六月十四日
国分村大久保窪木初右衛門十五歩五月二十五日被害ナシ
〃  金沢石川隆之介二畝歩五月二十日
〃  下孫長山長太郎十五歩五月二十日被害ナシ
河原子町
荒神山
鈴木光明一畝歩不良六月三十日五分ノ被害アリ
鮎川村成沢黒澤子之次郎一畝歩六月四日被害ノ模様認メ難シ
〃 油繩子島崎兼吉一畝歩五月三十日
〃  諏訪助川寅吉一畝歩六月二日
高鈴村助川関山関松十五歩良好六月六日被害ナシ
〃  助川北見丑松十五歩良好六月六日
〃  会瀬小塚庄松一畝歩良好六月七日
日立村宮田滑川尚吉十五歩五月二十五日苗床ニ於テ一回来襲あり
〃  滑川加藤仁市郎二十歩五月三十日
〃  〃 坂本由助十五歩五月二十八日
豊浦町砂沢鈴木英次郎一歩五合不良五月三十一日発育后九日目ニ煙害ニ罹リ七分枯死セリ
〃  〃小野間政重一反三畝歩四月十七日被害状況ナシ
黒前村山部小川豊十五歩稍良六月六日葉面藍色ニ変シタルモノ二割五分強
〃  福平椎名重雄十五歩植付当時思
ハシカラサリシモ后良
六月七日葉面藍色ニ垂下セルモノ三割
〃  大平根本基十五歩
〃  黒坂中野浜太郎十五歩〃  二割
松原町安良川小学校十五歩良好-煙ノ被害ヲ認ムル能ハザルモ虫害ニ罹リタリ
松原町秋山沼田吉次郎十五歩良好-仝上
松岡村上手綱茂又竹五郎---苗床ニ於テ旱魃ノ為メ全部枯死
高岡村若栗廣木千里八歩六月二十日被害少ナシ
〃 中戸川大部寅次郎六歩稍良六月二十三日六月五日及十日ノ両日葉面ニ被害アリタルモ数日ノ内ニ回復ス
〃 上君田佐川末次郎十五歩六月二十二日五月十三日、六月二十日葉先少シク縮タリ
〃 下君田鈴木新太郎一畝歩初メ不良后
六月十九日被害ヲ認メス
〃  横川廣木廣六歩稍良六月八日植付后少シク葉先ニ異常ヲ認メタルノミ
南中郷村
下桜井
瀧祐次郎二十歩六月十五日被害ナシ
〃  日棚小野道六月五日

小野矢指
仝人十歩六月十日
〃  松井根本興十五歩六月一日
北中郷村大塚豊田傳吾良好六月十五日
〃  豊田鈴木亥之次郎一畝歩不良六月十四日
〃  大塚平沢初太郎十五歩良好六月十二日
華川村下相田青木寅吉一畝歩六月二十三日
〃   〃鈴木新助十五歩六月二十二日
日高村小木津永山久蔵不良五月十七日病虫害アリ
〃   〃小松宗一五月十五日
   藍試作成績調 第二期調査
町村大字名試作人氏名本田生育模様 葉藍収量収穫期七月以降被害ノ状況
坂上村水木内山亀次郎佳良八貫〇〇〇八月二十一日
九月二十二日
被害ヲ認メス
〃  大沼大江万太郎三.〇〇〇八月十日
国分村大久保窪木初右衛門不良一.〇〇〇九月二十五日
〃  金沢石川隆之助八.〇〇〇九月二十五日
〃  下孫長山長太郎不良一.〇〇〇九月二十五日
河原子町荒神山鈴木光明一〇.〇〇〇九月五日
鮎川村油繩子島崎兼吉生育良好ナルモ
害虫発生、枝葉
ヲ害シタリ
五.〇〇〇七月三十一日煙害ノ徴候ヲ認メス
〃  諏訪助川寅吉五.〇〇〇八月二日
〃  成沢黒澤子之次郎生育良好ナルモ
天候不良ノ為メ
収穫期ヲ失シ不良
三〇〇〇八月五日
高鈴村助川関山関松良好一四.〇〇〇第一回八月二十日
第二回九月十七日
被害ナシ
仝  〃北見丑松一三.〇〇〇〃八月十七日
〃九月二十日
〃  会瀬小塚庄松二四.〇〇〇〃八月十八日
〃九月十八日
豊浦町砂沢鈴木英次郎二.〇〇〇〃八月二十一日三回煙害ノ模様アリタルモ変色薄シ
〃  川尻小野間政吉一四.〇〇〇〃八月十日
〃九月十日
一回被害ノ模様アリ
櫛形村友部上石青年会二.〇〇〇〃八月十五日
〃九月十八日
ナシ
〃 伊師本郷伊師子之雄不良.五〇〇〃  〃
〃  〃
〃 伊師浜沼田千秋.五〇〇〃  〃
〃  〃
黒前村山部小川豊藍葉変色シ、垂下シタルモノ多シ
〃  福平椎名重雄二.〇〇〇八月二十四日藍葉変色シ垂下セルモノ三割
〃  大平根本基不良葉藍色ニ変シ垂下シタルモノ多シ
〃  黒坂中野浜太郎
松岡村上手綱茂又竹五郎苗床ニテ旱魃ニ罹リ枯死
高岡村若栗廣木千里稍良好一.〇〇〇九月十日煙害ト認ムル徴候ナシ
〃  横川廣木廣.八五〇九月二日
〃  下君田鈴木新太郎収穫ニ際シ病害
ニ罹ル
二八〇〇八月二十五日
〃  上君田佐川末次郎良好二.五〇〇八月二十日
〃  中戸川大部寅次郎生育良好ナリシ
モ収穫ノ際病害
ニ罹レリ
二〇〇〇九月四日
松原町安良川小学校良好一二.〇〇〇八月二十六日
九月二十九日
螟虫ノ被害アリ、約二割ノ減収ナリ
〃  秋山沼田吉次郎植付当時旱魃ニ
テ枯死セルモノ
アリタルモ漸次
回復シ収穫期ニ
於テ稍良ナリ
一.五〇〇八月二十一日
九月十七日
煙ノ被害ヲ認メス、多少害虫アリ
南中郷村下桜井瀧祐次郎四.三〇〇八月二十七日更ニ煙害ヲ認メス
〃  日棚小野道一.四五〇八月二十一日
〃  矢指仝 人一.四〇〇八月二十一日
〃  松井根本興三.三〇〇八月二十六日
北中郷村大塚豊田傳吉良好三.四五〇八月二十五日被害ナシ
平澤初太郎最旺盛ニシテ竹二尺五寸余二.〇〇〇八月二十七日
〃  豊田鈴木亥之次郎稍可三.〇〇〇八月三十日
華川村下相田青木寅吉五.〇〇〇八月二十日
鈴木新助五.〇〇〇八月二十一日
日高村小木津永山久蔵不良四.一〇〇八月二十四日煙害ト認ムヘキ被害アリ
小松宗一四.六〇〇八月二十日
   萵苣試作成績
町村名試作人氏名大字名試作反別生育模様大正五年九月ヨリ大正六年三月三十一日迄ノ被害状況
坂上村内山亀次郎水木十五歩佳良被害ヲ認メス
内山左平
内山馬太郎稍良
国分村窪木初右衛門大久保十歩被害ナシ
鴨志田清一金沢
長山長太郎下孫
河原子町鈴木光明-十五歩稍良
鮎川村鈴木寅吉諏訪被害認メカタシ
島崎兼吉油繩子
黒澤子之次郎成沢
高鈴村佐藤伊之助助川不良
北見丑松
志賀慶壽普通
日立村加藤仁一郎宮田
栗原万之介滑川
滑川尚吉宮田
日高村宇佐美吉郎小木津良好
石川熊太郎
関千太郎田尻
豊浦町吉田静-五歩不良被害認メカタシ
小林小次郎-
櫛形村伊師子之雄伊師本郷十五歩
櫛形村沼田千秋伊師浜十六歩
上石青年会友部上石十八歩不良
黒前村椎名重雄福平十五歩普通〃原
小川豊山部
根本基高原
中野浜太郎黒坂
松原町松原小学校安良川十五歩稍良被害状況明ナラズ
宮田厚秋山
松岡村小野縫殿蔵赤浜七歩
高岡村大部安雄中戸川十歩普通
大部亀壽大能
佐川末次郎上君田
鈴木新太郎下君田
廣木廣横川
廣木千里若栗
南中郷村掛札丑蔵上桜井十五歩
瀧祐次郎下桜井
沼田常一郎石岡
根本興松井
北中郷村平沢初太郎大塚
豊田傳吉木皿
鈴木亥之次郎豊田
華川村鈴木新介上小津田
吉田稲吉下相田

   結 語

以上ノ諸表ハ各町村煙害主任及本会ニ於テ調査セル結果ヲ綜合シタルモノニシテ、右ノ結果ニヨリ之カ結論ヲ為サント欲スルモ、右調査ニ当ツテ幾多困難ナル事情ノ存スルアリテ甚タ正鵠ヲ期シ難ク、之レニヨリテ断案ヲ下スハ頗ル大膽ノ事ニ属シ、之レカ調査ノ完成ハ他日ヲ期セサルべカラズ

抑モ流煙ニヨル被害ノ現出ハ其当時ニ於ケル気象、地形、作物ノ種類及生育時期、流煙降下ノ状態等ヨリ左右セラルモノニシテ、其原因決シテ一ナラス。被害ノ現出ハ之等因子ノ或状態ノ下ニ現ルモノナリ。而シテ往年ノ低煙突ノ場合ニハ煙ハ多ク地上ニ接触シテ激甚ナル被害兆候ヲ顕シタリト雖モ、大正四年三月一日(本調査着手六ヶ月以前)現在ノ高煙突ヨリ排煙開始以来ハ、煙ノ地上ニ接触スルコト少ナク、従ツテ被害現出ノ程度一変化ヲ来セリ。即チ高煙突開始以来ハ吐煙常ニ帯状ヲ為シテ高ク空中ノ風ニ吹送セラレ、遂ニ消散セラルルニ至ル

本会調査ノ結果ニ依ルニ、地元日立村以南ニ於テハ時々流煙ノ来襲ナキニアラサレトモ、殆ント被害ノ現出ヲ見ズ(大正五年)、為メニ昨年ニアリテハ非耐作物タル蕎麦ノ作付増加ノ傾向ヲ示シ、被害ヲ気遣ヒタルモ殆ント其兆候ヲ見ザリキ

山林ニアリテモ高煙突開始以来ハ被害減少シ、往年被害ノ為枯損ニ傾キツアリシ山林モ生育ヲ回復シ初メタルノ観アリ。将来郡南各町村ニ於テハ風候ノ関係上時々突発的被害ノ現出ハ保シ難キモ激甚ナル被害ヲ現スコトナカルべキカ

日立村以北ニアリテハ南方ト稍趣キヲ異ニシ、日高村大字小木津、豊浦町大字砂沢、櫛形村大字友部、黒前村、高岡村ニ時々現著ナル被害ヲ顕シ、高煙突開始以来却ツテ其被害程度ヲ増シタルノ感ナキ能ハズ、山林ノ被害モ黒前、高岡方面ハ屢々其災害ニ罹レリ。殊ニ七月中ノ被害ノ如キハ赤松ハ殆ント全葉枯死シタルモノアリ。雜森又半数以上ノ落葉ヲ来シタル如キハ被害ノ最モ大ナルモノナリ

以上ノ被害果シテ農作物ノ収穫並ニ山林生育ニ如何ナル影響ヲ来スモノナリヤ、之レヲ具体的ニ調査スルコトハ頗ル至難ノ問題ナリ。農作物ノ減収ヲ来ス原因一ニシテ止ラス。其年ノ天候ノ良否、土地ノ肥痩ノ関係、施肥量、栽培法ノ如何、病中害、其他各種ノ事項ハ何レモ収量ト大ナル関係ヲ有スルモノニシテ、果シテ何レノ原因ヨリ減収ヲ来スべキカ調査頗ル至難ニシテ、仮令煙害ニ罹リタリト雖モ之レカ収穫量ニ及ホス影響ヲ調査スルハ単純ナル坪刈法等ニヨツテハ之レカ決定スルコト容易ノコトニアラズ。作物減収ノ原因実ニ前記ノ如ク諸種ノ因子ニ起因スルモノナルヲ以テ之レカ減収果シテ何レニヨルヤ、煙害ニヨル減収ハ幾何ナルカハ細密ナル調査研究ヲ要スべキモノニシテ、専門的ニ調査研究ヲ為スニアラサレバ之レカ実数ヲ得ルコト難カルべシ

以上之レヲ要スルニ、黒前、高岡二村ニ於テハ将来煙害問題トシテ郡内第一ノ被害地ナルべク、櫛形、豊浦、日高ノ諸町村ニ於テハ其一部、山手ニ於テ時々被害徴候ヲ顕スコトアリ。故ニ右諸町村ニ対シテハ更ニ適当ナル調査方法ヲ設ケ、之レカ完成ヲ待タザルべカラズ

地元日立村以南ハ時々被害ナキヲ保シ難キト雖モ、之レカ収量上ノ影響ハ前掲事情ニヨリ異ナルべキモ、大害ヲ及ホスべキ事アルべシトハ予想シ得ザル処ニシテ、寧ロ被害ハ僅少ナルべキヲ信スルモノナリ。而シテ被害ニヨル数字調査ヲ為サント欲セハ専門的機関ヲ設ケ精密調査研究ヲ要ス。如何ナル方法ニ依ルモ少額経費ノ克ク之レヲ為シ得サルハ頗ル遺憾トスル所ナリ

以上ノ如クナルヲ以テ本調査ヲ続行スルモ其効果ノ少ナカランコトヲ認メ、本会ハ大正六年度ヨリ之レヲ廃止セリ

   備 考

 ▲ TOP に戻る

参照文献