史料 天明6年の洪水
大甕神社の記録から

天明6年(1786)7月、関東と東北を大雨が襲い、各地で洪水や山崩れが起こった。常陸国久慈郡久慈村(茨城県日立市)の大三箇明神(大甕神社)の祠官茅根が記録した『大三箇倭文神宮社記』(大貫幸男編で、筑波書林から翻刻本が出版されている)は、このときの久慈川流域の村々の様子や水戸、常陸国内、江戸の様子を生々しく描いている。久慈村近隣のありさまは、実際に目にしたものであろう。水戸や筑波、さらに江戸の様子は勿論伝聞だが、それほど時間をおいてからの記録ではあるまい。また神職としての意見・感想も述べられており、優れた記録である。

雨は、7月12日から降り始め、しだいに激しくなり、雷鳴もとどろいた。17日になってようやく雨は収まった。だが降りはじめてから4日後の16日に久慈川の水があふれだす。

なお記事の中心部分は、すでに宮田實『大甕より久慈濱あたり』(1936年刊)、『久慈川災害沿革考』(1937年刊)が紹介しているが、省略されていたり、意訳されていたり、読みも異なる箇所があるので、あらためて本項で原文を紹介することとした。

[凡例]

縦書きを横書きに変え、史料には無い句読点と改行をほどこした。助詞のは(者)・て(而)・も(茂)・え(江)・と(与)は漢字のまま文字を小さくした。□は判読不明文字。国名と村名などを太字で示し、[ ]内は本ページ制作者による註である。史料本文に続けて読み下し文を付した。

[本文]

[読み下し]

[註]

  1. [1]去る卯の年:天明3年(1783)。この年の7月浅間山が噴火する。
  2. [2]村松:村松山虚空蔵堂 村松村(現東海村)にある。
  3. [3]供奉人:ぐぶにん。祭りの供として仕える人
  4. [4]申の刻:午後3時から5時
  5. [5]九つ時分:午前11時から午後1時
  6. [6]当村:久慈村 現日立市
  7. [7]明神:津明神のこと。現在では久慈サンピア日立の北東に建家に囲まれて(河原子の烏帽子岩を数分の一にした小さな岩の上に)あるが、当時は久慈川に面していたものと思われる。
  8. [8]宮田實『大甕より久慈濱あたり』は「久慈倭文祠官茅根陸奥守家包手記」よるとして、天明6年(1786)7月の条を引用している(96頁)。これを本史料と照合したところ、この位置からこの段落が終わるまでは次の文章となっている。
      根宿は天王社下迄、水寄セテ、新宿權現山迄ハ舟ニテ往來。刻々水嵩増シ逃レ殘リノ者入水ニ及ビ申候、家々ハ流ルヽモノアリ屋根ダケ水ノ上ニ見エ、名女戸ヲハジメ千福寺、寳隠寺ノ鐘ハ急ヲ告グル亂打ニ此ノ世乍ラノ水地獄ニテ候。
  9.    異本があるのかもしれないが、この部分は宮田の洪水の悲惨さを強調するための創作ではないか。ほかにはない異質の常套句・類型的な表現「寺の鐘は急を告ぐる乱打にこの世ながらの地獄」がみえるからである。
  10. [9]『久慈川災害沿革考』は『大甕より久慈濱あたり』と同文であるので1年前に刊行された同書から引用したのであろう。
  11. [10]北河原:留村の東部にある字。久慈川はここで北に折れる。
  12. [11]児島村:久慈郡。元禄5年(1692)に留村から分村。天保13年(1842)に留村に合村
  13. [12]竹瓦村:那珂郡 現東海村
  14. [13]久慈川は河口の久慈村の対岸に向渚とよばれる砂洲を形成しており、留村の北河原で流れを北に変え、久慈村の千福寺(現久慈小学校)下で海に入っていた。大雨時に北河原対岸の砂州を切り久慈川を直進させ洪水をふせごうとする留や茂宮・竹瓦・豊岡村などの上流の人々。それに対し河口を船着き場にしていた久慈村の人々は流れが直進すると船が入れなくなるとして、砂洲を切らせまいとする。明治に入って深刻な争いとなったことが『日立市史』(1959年刊 658頁)に紹介されている。
  15. [14]己れ:金蔵
  16. [15]石神:那珂郡 現東海村
  17. [16]米崎村:那珂郡 現那珂市
  18. [17]額田村:那珂郡 現那珂市
  19. [18]塩原村:那珂郡 現常陸大宮市
  20. [19]高部村:那珂郡 現常陸大宮市
  21. [20]下林村:新治郡 現石岡市
  22. [21]椎尾村:真壁郡 現桜川市
  23. [22]朝熊山:あさまやま。この場合、浅間山のこと

史料について

本記事は、大貫幸男編『大三箇倭文神宮社記』(ふるさと文庫 筑波書林刊)から採ったものである。

『大三箇倭文神宮社記』の内容は、おおよそ四つに分けられる(1)大甕神社祭神のいわれ(2)年間の行事覚え(「年中諸事之覚」)(3)薩都宮への奉仕をめぐる争論記録(4)宝暦から明治にかけての神社と信仰に関わる地域の動き及び神職家の記録、の四つである。

本史料の成立事情に関する記事がある。天明2年(1782)2月23日の条に続けて「右此記録往昔より有之處紙損し、文字不定ニ付今般古記を雑録に模し後人のため差置申候。此儀吉凶ともに宜敷書きつぎ可申候。以上」。こう記したのは、茅根家澄。美山の号をもつ。寛政5年(1793)12月20日に77歳で歿している(「茅根美山顕彰碑」『日立の碑』所収)。天明3年からの記述は、書体が変わっていることから、「書きつぎ」されたものであろう。書き継いだのは、家澄の子の家包と思われる。本記事で紹介するものは(4)のなかの天明6年の二つの記事で、家包の記録と考えられる。

なお本項は大貫幸男編『大三箇倭文神宮社記』とは読みを異にする。それは以下に述べる理由による。

必要があってこの本を手に取ってみると、興味を引く記事がたくさん収録されていた。しかし数多くある「欠落」と文章のつながりに疑問があったので、原本を確認しなければ利用は難しいと感じていたところ、偶然コピー(のコピー)を見ることができた。コピーは全部で243枚。大きくは二つに分けられる。一つは、綴じられた竪帳で19丁からなる。もう一つは、1丁ずつを開いてしかも半丁ごとにコピーしたもの。1丁が開かれてコピーされた理由は綴紐が失われ、1丁ずつばらばらだったからである。そこで史料の状態、書体の違い、文章のつながりを検討しながら原状の復元を試みた。何丁かが失われているようで、完全に揃えることはできなかった。これら二つの記録とも表紙・表題はない。「大三箇倭文神宮社記」という書名は編者の大貫氏が付したものであろう。「おおみかしどりじんぐうしゃき」と読ませるのか。