日立鉱山煙害のもう一つの予防策
大煙突と積極的予防法

排煙から亜硫酸ガスを取り除くことを考えなかったのか

1905年(明治38)末、長州閥の久原房之助が茨城県多賀郡日立村の赤沢銅山を買収し、日立鉱山と名称を変え、豊富な資金と積極的な新技術の導入をもって、日本有数の銅山へと成長させた。久原が最初に地域とのあいだで解決を迫られたのが、鉱毒水問題である。これを「補償」によってのりこえる。

ついで煙害問題である。生産が急速に増大していくと、排煙がより広範囲かつ激しく樹木や農作物に被害をもたらした。その時、久原がとった解決方法は、高い煙突を建設し、高い位置から排煙することにより亜硫酸ガスを稀釈することであった。1915年(大正4)大煙突の建設こちら『日立鉱山の大煙突』を参照である。

このとき日立鉱山では排煙から亜硫酸ガスを取り除くことを考えなかったのか。この問いは、1960年代の「公害」が認識される時期以降の考え方で、亜硫酸ガス回収技術がなかった時期に求めるのは、一般的には後付けの考えだとされがちである。

しかしそうではなかった。日立鉱山では大煙突建設前に検討されていたのである。『日立鉱山史』(140頁)に次のようにある。

 如何に賠償問題の圓満解決に奔走しても、その根源を衝かなければ、事態は益々紛糾するのみであることは自明の理であるから、事務所に於ては固より官廳指令[註]前に積極、消極両面の豫防法が檢討されていた。積極的豫防法としては、
等が立案研究された