一九四五年七月二六日、日立—原爆投下訓練被災記録—

太平洋戦争敗北間際の1945年7月26日、日立市に1発の大型爆弾がアメリカ軍機B29によって投下されました。このアメリカ軍の攻撃は、日本への核爆弾投下のための訓練だったことが、奥住喜重さんにより明らかにされたました。本書はその訓練の概要と市民の体験をまとめたものです。

目次

御記憶の方ありませんか 日立市に原爆投下の訓練があったことを … 奥住喜重
1 送電線復旧にたずさわっていて … 瀬谷房之助
2 昭和二〇年七月二六日のB29一機来襲 … 高橋市蔵
3 山手工場への爆撃投下について … 武士一弥
4 学徒動員の生活のなかで … 塚本峯司
5 四六年間の疑問 … 富安磯子
6 昭和二〇年山手工場爆撃の話 … 長島英一
7 昭和二〇年七月の思い出 … 広木貞春
8 日立鉱山の社宅で … 山形孝子
トップシークレットが投弾 … 奥住喜重
本書のなりたちについて …島崎