暇修館

大久保村(日立市大久保町)の暇修館は当初は興藝館[1]といい、閉鎖されるときには大久保郷校といいました。三つの名前をもつのです。当時の記録には、大久保村学館・大久保医学館としても現れます。水戸藩の郷校のひとつです。

興藝館に先行して二つの郷校が設立されていました。文化年間水戸藩紅葉郡奉行の小宮山楓軒によって設けられた小川村(小美玉市)の稽医館、延方村(潮来市)の延方学校の2郷校です。

そして天保改革の一環として天保6年(1835)開設の湊村の敬業館(ひたちなか市)、同8年太田村の益習館(常陸太田市)、同10年に大久保村に興藝館が開かれました。郡奉行所の管轄区域−南・北(太田)・東(松岡)郡ごとにひとつずつ配置されたのでした。

はじめは郷医(村医者)研修の場として設立されましたが、暇修館と名称が変わるときに村医者だけでなく村の有志(神官や郷士、庄屋、一般農民)に門戸が開かれました。つまり医学を学ぶ場だけではなくなったのです。

大久保郷校と改称されてからは、武術教育に力が入れられました。

[註]

  1. [1]藝と芸:「藝」とは、才能・学問・技術の意味です。「芸」はウマゴヤシに似た香草の一種です。興芸館では意味をなしません。藝と芸とは別字なのですが、文科省は常用漢字に藝を入れず、画数の少ない芸を藝のかわりに使うようにと言っています(脳の省力化ですね)。しかし本稿では文科省の「お達」とは異なる本来の表記をしました。

興藝館・暇修館・大久保郷校年表

ここでは建物としての暇修館がどのような変遷をたどったのかを年表風にまとめました。

天保10年(1839)6月27日 興藝館開館

初代館守は大窪光茂。光茂は大久保村の医者。自分の土地を興藝館の土地として藩に提供。
 天保11年6月、藩主徳川斉昭は助川館(海防城)を視察したのち興藝館に宿泊。翌日大窪光茂は「傷寒論」を講釈。
天保14年(1843)9月、2代目館守に菅政友[2]
 菅は水戸の町医の家に生まれ、延方村(潮来市)で医者をつとめていた。
 開館まもないときに、農政学者の長島尉信が興藝館をおとずれ、下のような間取り図を残した(「戴水漫筆」『水戸藩郷校の史的研究』所収の図をもとに作成)。

天保15年(1844)4月15日 暇修館開業式

弘化3年(1846)1月、館守菅政友は藩主斉昭の雪冤運動に参加したとして免職。
 安政2年(1855)8月、暇修館世話役に河原子村神官の宮田篤親。

安政3年(1856) 大久保郷校と改称

この年から文久年間にかけて改修。
 安政4年4月、館守に宮田篤親。

元治元年(1864) 焼失

天狗諸生の争いに巻きこまれ、天狗勢の拠点であった大久保郷校は諸生軍あるいは幕府軍の攻撃の対象となったか。

慶応元年(1865)1月 大久保郷校廃止

このとき水戸藩の郷校はすべて廃止された。

明治3年(1870)5月 再建

再建にさきだつ2月にかつての館守宮田篤親が藩から世話役を命じられ、寄付をもとに再建。

明治4年(1871) 大久保郷校閉校

明治6年(1873)8月〜19年11月 大久保小学校の校舎となる

大久保小学校設立にあたって大久保郷校の建家は校舎として利用される。

明治19年(1886)12月〜21年10月 下孫尋常小学校の第一教場となる

下孫・大久保・河原子を学区とする下孫尋常小学校設置。下孫に教場がないため、従来の大久保と河原子の小学校をそれぞれ第一・第二教場とする。
 明治21年(1888)11月、下孫に校舎完成。第一・第二教場を廃止。

明治26年(1893)4月〜30年 高鈴村外四ヶ町村組合高等小学校の校舎となる

高鈴・鮎川・国分・坂上村と河原子町を区域とする高等小学校が国分村大字大久保に創設される。
 明治30年に高鈴村と坂上村が組合からはずれ、国分村外二ヶ町村組合高等小学校が設立され、校舎は国分(下孫)尋常小学校の隣地に移転。

明治42年(1909)3月〜昭和6年(1931) 国分村役場の庁舎となる

昭和6年(1931)〜不明  大久保青年会の集会所として利用

昭和39年(1964) 建屋を管理する大久保共同組合から保存の要望が出される。再建暇修館の解体

昭和48年(1973)5月 興藝館を復元

  1. [2]菅政友:「かん まさすけ」とよむそうです。彼は歴史学者でもあり、菅の写になる「常陸国風土記」(茨城県立歴史館蔵)は、数ある写本の中で最も信頼のおけるものとして利用されています。菅の写本をテクストにした『茨城県史料 古代編』や沖森卓也らの『常陸国風土記』(山川出版社)で読むことができます。

[写真]
左:昭和10年(1935)ごろの暇修館。右側に式台のある玄関、左に入口が見える。興藝館の図面とは大きく異なっている。焼失後再建したとの記録は間違いなさそうである。写っている人たちは『百年の歩み』の大きな写真で見ると、制服をきた青年会の人々らしい
中央:昭和32年の暇修館。荒れ果てた感じがします。郷土博物館にある写真を使わせてもらいました。
右:興藝館時代の図面をもとに復元された暇修館

参考文献・史料