史料 田中内村の地名・字名考

天保14年(1843)、常陸国久慈郡大橋村と田中内村(いずれも現日立市)とは合併して大和田村となります。新しい村名には、大橋の大と田中内の田を和をもってつなぐ、そうした意味があるといいます。合村前の田中内村の地名・字名の由来について、江戸時代に田中内村の大内勘衛門が検討を加えている古文書を大和田町大内家文書「田中々邨役儀前録」の中に見つけました。ここに紹介します。
 この記事が書かれた時期は前後の記述からみて文化年間(1804—18)と考えられます。

凡例

   地名考

   字名考

変化する字名

上記文化年間の大内勘衛門「字名考」にある字名と天保検地後に作成されたと思われる「久慈郡大和田村田畑反別絵図」(慶応3年写 日立市郷土博物館蔵)と1957年「日立市域旧町村大字別小地名一覧」(千葉忠也『史料による日立市域の町村分合』)の字名と対比してみる(—は記載なし)

以前 文化年間 天保検地 1957年
田河内 高内
新地 荒ち
穴田 穴田 穴田
満江地 萬ヶ内 萬ヶ内
堅町 辰町 辰町 辰町
諏訪河原 諏訪河原 諏訪ヶ原
七石 七石 七石
いかつち 雷土 雷土
出来る穂内   てくるほ内   テクルホウチ デクルボ 
□河内 あかふち前
新呉 あらく
栖いた 笠井田 笠井田 笠井田
屋し内前
十二所 十二所 十二所
犬飼 犬飼 犬飼
田島
和尚塚 和尚塚 和尚塚
道場内 道場内 道場内
町田 町田 町田
細谷 細谷 細谷
下宿
かに屋敷 蟹屋敷 蟹屋敷
本宮 本宮 本宮
五升塚
新橋川へり
新家 アラヤ 東新地
関場 堰場
二町田 二町田
落見 落見
しんか シムカ
西原 西原
東宿 東宿
西宿 西宿

文化年間と慶応3年の間に大きな変化があったことがわかる。それは両時期にはさまれる天保期の水戸藩総領検地によって、字名と字界の変更、整理がなされたことをうかがわせる。

地名もまた変化するものである。

地名研究

文化文政期は、水戸藩領においても「郷土」への歴史や地理への関心が高まり、高倉逸斎「水府地理温故録」のほかに水戸の町人の栗田栗隠、加藤松羅らが研究の成果を形にしていた。また小宮山楓軒がまとめた水戸領内の地誌「水府志料」の基礎資料の提出が村に命じられた時期(文化2年)とも重なる。

郷士大内勘衛門が自らが住む田中内村の地名の由来を書き著したのも、そういう時期であった。

この大内勘衛門の地名・字名考は、日立市域において初の地名研究ではないだろうか。