ギャラリー展 日立鉱山100年


助川停車場をでたばかりの鉱山電車


本山への入口からみた製錬所

と き
2005年12月6日(火)–27日(火)
9:30–16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日
観覧料
無料

内 容

日立市の起点となった日立鉱山が開業してから今年で100年を迎えます。秋田県の小坂鉱山を銀山から銅山へ転換させ、大銅山へ飛躍させた青年実業家久原房之助が、日立村の赤沢銅山を買収し、日立鉱山と名称をかえて、開業したのが100年前の1905年(明治38)12月26日です。

これにあわせて日立鉱山の写真パネル24点をギャラリーに展示しました。