史料 日立の水産 歴史篇


財団法人日立市水産振興協会(日立市産業経済部農林水産課内)が発行している『日立の水産』という冊子(行政資料)がある。1983年に第1号が発行されその後毎年刊行されてきた。内容細目についてはこちら 文献紹介|近現代 を参照。

この冊子の第2号から断続的に、会瀬の定置網、河原子、川尻、久慈浜の漁業が特集に組まれた。それらのうちから歴史篇をとりだし、再編集したものがここで紹介するものである。

日立市水産振興協会の事務局である農林水産課の職員で『日立の水産』の編集を担当した数藤和義さんに誘われて、編集の一部(歴史部門)を当時日立市郷土博物館に所属した島崎和夫がお手伝いした。今となっては、追加すべき史料や説明が必要な事項もあるが、三十年前の仕事をそのままにここに紹介する。

日立市域において、かつて水産業(漁業と加工業)は今では想像できないほどに重要な意義をもっていた。しかし研究はきわめて少ない。その点で本資料集が研究の進展に役立つのではないか。これが今回作業をはじめようとする動機である。


江戸時代、茨城県北部を支配した水戸藩、その地方統括組織のひとつ石神組の郡奉行所の文化6年(1809)の御用留がある。それは石神組御用留研究会が『水戸藩郡奉行所 文化六年 石神組御用留』として翻刻している。そのなかにある文書番号66・483の史料は、管轄区域の文化5年7月から翌年6月までの一年間の漁獲高を書上げたものである。以下にその合計高を示す。単年の数値ではあるが傾向はつかめよう。

村松東方村 鐚    4貫文
 石神白方村 鐚    6貫文
 久慈村   鐚 2,600貫150文
 水木村   鐚 2,435貫300文
 河原子村  鐚 11,054貫文
 会瀬村   鐚 10,292貫480文
 滑川村   鐚  390貫800文
 田尻村   鐚  887貫700文
 折笠村   鐚  207貫100文
 川尻村   鐚 7,793貫180文

河原子村の漁獲高を鐚から金に換算すると、公定相場でおよそ金2736両。米にすると2736石分。河原子村の村高は897石(米に換算して900両)。つまり漁獲高は農業生産高の3倍にものぼることになる。

会瀬村の場合、同様に漁獲高は2573両、村高は648石(米に換算して650両)。漁業は農業の4倍ちかくもの生産高があることになる。

しかも漁業税は漁獲高の5パーセント。田畑の税はおよそ40パーセント。


以上はごく単純化して説明していますが、この多額の漁獲高が家や村、地域の経済、そして人々の生活にもたらしていた意味を日立市域に即して明らかにしていければと思います(果せるかどうかわかりませんが)。江戸時代、自給的性格の強い農業でも実は商業的農業が広範囲に展開しており、また生産が販売目的である他の産業(林業・水産業・鉱工業)および商業活動のひろがりについて江戸時代の政治はその生産実態や活動をとらえきれていない、それが石高制に基づいた幕藩体制を経済的に崩壊にみちびくわけですが、その地方的実態をすこしでも明らかにしていければ、ということです。