成沢村の字名の統合

地名は現代においても住居表示によって多くの地名が失われたが、江戸時代においても同様に政策によって消失するものが数多くあった。さらに読みかたも書きあらわしかたも変化する。村人によって口承されてきた地名が文字に記録される。そのときどういうことが起こったかを知りうる史料が成沢村に残っているので紹介する。

水戸藩では幕末の天保年間に全領検地が行われた。検地の際の丈量(測量)は村の字(あざ)単位に一筆ごとに実施される[1]。そのおり旧来からの字の名称が統合され、検地帳とともに田畑屋敷の形状と縦横の長さを記録した絵図が作成された。成沢村においては統合の過程がわかる絵図(以下、天保図と略)が残されており[2]、さらに成沢村においては万延2年(1861)にあらためて田畑反別絵図(以下、万延図)が作られた[3]。それらふたつと現代の「小地名一覧」[4]を表にした。

史料について

  1. [1]検地は年貢の徴収を目的としているから、測量は田と畑と屋敷に限られ、山林は載っていない。田畑反別絵図には、山林原野をふくめた一村図が巻末に描かれることが多く、そこには村全体の字名が記されるが、成沢村の絵図は一村図を欠いている。
  2. [2]統合前と統合後の字名は、天保検地の際作成されたと思われる「多賀郡成沢村田畑反別絵図」(瀬谷明正氏蔵)による。なお天保年間の絵図は、表紙、裏表紙のほかそれに近い部分を欠いており(丁数不明)、成沢村のすべての字名を網羅しているということではない。欠損字名については、天保からほど近い時期に作成された万延2年の絵図から推しはかることが可能である。
     なお、この天保図の字には江戸時代としてはめずらしく、かなに濁点がふられている。
  3. [3]万延2年(1861)は「多賀郡成沢村田畑反別絵図」(黒沢馨氏蔵)による。これは[2]の下書の天保図を元に作成し直したものと思われる。
  4. [4]「日立市域旧町村大字別小地名一覧 1957年12月31日現在」(千葉忠也『史料による日立市域の町村分合』1968年)

天保図─統合前
1842年頃
天保図─統合後
1842年頃
万延図
1861年
小地名一覧
1957年
凡例:例えば、「あらや」と「荒や」がある。同一の字を示していると考える。つまり表記のゆれと考え、〈 〉内に他の表記を示した。*には末尾の「表記のゆれ」で簡単な説明をほどこした。
相川 かやば ぜんだな そり町相川相川相川
あらやあらやあらや〈荒や〉荒屋
いてふのき銀杏ノ木     銀杏の木
〈銀杏木〉
銀杏木
池ノ上 池の川 いけ畑 江下タ* 大ぬかり こいぢ とふくね やしき添池の川ゐけの川*
〈池の川〉
池ノ川
いけノ上〈いけの上・池の上〉 うゑの内* 道下 明神上 明神前上ノ内
〈上の内〉
上の内上の内
阿みだ前 うしろ 後沢後沢後沢後沢
表田 川そこ 弁才天 みきの作 みそう作〈みそふ作〉*表田表田表田
相川 かご畠 かま道*かまみち
〈かま道・釜道〉
釜道釜道
かやば 呉坪かやばかやバ〈茅場〉萱場
川中子 さご天 せき下タ*川中子川中子川中子
あわび田* おりと 木ノほい* 木ノほい□□入 下木のほい木のほゐ木のほい木のホイ
呉坪 神天 よこ田呉坪
〈くれつぼ〉
くれ坪〈呉坪〉呉坪
□□まき腰巻こし巻〈腰巻〉腰巻
あらや 敷ぼふ内*敷ぼう内
〈敷ぼふ内〉
敷坊内宿坊内
だい ひがしだゐ〈臺〉
天神前天神前天神前天神前
いてふの木 川そこ 戸崎 どふの前 馬バ内 まつ崎戸サキ戸サキ〈戸崎〉戸崎
塚 天神 中内 六十ほつこ中内中うち〈中内〉中内
まな板*まないたまなゐた〈生□板・まないた〉
山田山田やま田〈山田〉山田
うしろ沢 日ノ入* 山ノ神山の神山の神山の神
吉原〈よし原〉* 川中ご とんの坪 いし田小や 天神前 あミだ前 佐の田吉原よし原〈葭原〉芳原
天保図にない字
ウバ坂〈乳母坂〉・うり堀こ〈うり堀子・瓜堀子〉・大さく〈大裂〉・下山田
天保図にない字
姥坂・瓜ボッコ・大作・北見付・桐木沢・下山田・中見付・成沢山・二の相川・檜入沢・東八窪・見付下・南見付

天保図の統合例

矢島一男「旧成沢村の小字の移り変わり」(『日立の民間信仰』第4集)より

左から あミだ前→吉原 どふの前→戸崎 弁才天→表田 みきの作→表田
それぞれに見セ消チし、統合先の字名を□で囲っている。

表記のゆれ

現代において、成沢に日立市のスポーツ施設「池の川さくらアリーナ」がある。この「池の川」は、天保図では池の川、万延図においては「ゐけの川」、小地名一覧では「池ノ川」。よみは「いけのかわ」であろう。意識して書き分けているのではなく、その時の気分であり、かなづかいの誤りであったりするのである。池の川は、池から流れでている川という意味であることは容易に想像できる。池は現在でも残っている。日立市指定文化財となっている水漏舎小学校跡にある池で、かつて日立市上水道の水源となっていた。この池から流れ出た水が下流の田を潤し、海に落ちる。

以下、表記のゆれが見られる字名についてとりあげる。

あれこれ