2018年東海第二原子力発電所の運転延長・再稼働に関する日立市議会への陳情結果

2018年10月20日発行の『日立市議会だより』第206号は、2018年第3回(9月)定例会の報告が掲載されている。2頁に「提出議案等の議決結果一覧」があった。「議会だより」を読むことはまずないのだが、たまたまである。「受理番号1 東海第二原子力発電所…」という文字が目にとまった。つづけて「20年運転延長・再稼働に関する陳情」とあり、議決結果が「不採択」とあった。原発問題には関心があったので、どのような陳情だったのだろうと思ったが、この件名だけでは内容はわからない。次のページに目を移すと「議員の賛否」があり、この陳情に賛成・反対した議員の名前と所属会派の記載があった。不採択●がずらりとならぶ。

22人が不採択●、4人が採択○。

○の4人は、石井仁志伊藤智毅ひたち未来に所属し、小林真美子大曽根勝正日本共産党

おぼろげながら推測できたが、インターネット上で検索するとこの陳情書の原案を読むことができた。

この陳情書の趣旨は、日立市議会が東海第二原発の20年運転延長と再稼働に反対の議決をし、意見書を国・県へ転出することを求めるものであった。

つまり上記の4人は、東海原発再稼働に反対の立場であった。

一方、この陳情を不採択としたのが●の議員である。

全員不採択●とした民主クラブに所属する議員は、原発メーカー日立製作所とその系列会社及びJX日鉱日石金属の社員で次の8人。

粕谷圭・白石敦・塚田明人・高安博明・吉田修一・伊東健也・大庭弘美・青木俊一

全員不採択●とした日立市政クラブに属するいわゆる町方議員は

瀬谷幸伸・今野幸樹・飛田謙一・蛭田三雄・茅根茂彦・佐藤三夫

町方議員の会派ひたち未来のうち不採択●に投じたのは

白土仙三郎・井上清・永山堯康

全員不採択●の公明党所属の議員は

下山田幹子・三代勝也・添田絹代・薄井五月・館野清道

福島原発事故から7年。この陳情は原発をつくる町の議員の意識のありようをはっきりと映しだした。

以上のことは現在進行中である。しかし現代史として記録しておくべき日立市議会議員の判断であると考える。