日立市における住宅団地の開発状況

1958年に日立市総合都市計画(15年計画で人口28万人を想定)が決定する。同じ時期に6号国道の拡幅・付け替えがはじまる。貨物のトラック輸送に対応した改良工事であった。同じ年、日立製作所は「住宅等建売分譲規定」を制定する。そして1960年第1次住宅総合対策を打ちだす。それは従業員の持ち家を制度的に推進しようとするもので、64年からの住宅総合対策により進展する。それにあわせて日立土地株式会社(1939年設立、のち日立木材地所)が初の分譲用住宅地を成沢表田に約2000坪買収し、翌61年28区画販売。のち成沢地区向山、荒屋、芳原、二の相川、上諏訪の分譲が続く。日立木材地所による住宅団地の開発(分譲区画数100区画以上)は、日立市、東海村、高萩市に1962〜81年までに19団地、226万5120㎡、5599戸にのぼる。

このことは、工場と従業員の住まい(社宅)は隣接させるという日立製作所の町づくりからの転換を意味していた。持ち家策の推進ととともに工場と住まいは離れていくことになる。自家用乗用車の普及がそれを支えたのである。

本表には50区画以上のものをとりあげた。資料は日立市都市計画部都市計画課『日立の都市計画』(1991年)『日立工場75年史』「日立市住宅公社資料」を用いた。団地名につづく*は、標高約70メートル以上の台地(海岸段丘上)に建設されていることを示す。1960年代後半には大型団地の用地は工場近くの平地にはなくなってきたことがわかる。

団地名 所在地 開発着手年度 分譲区画数 分譲業者 年度合計
西 田 諏訪町 1962 86 日立市住宅公社  486
石名坂 石名坂町 1962 210 日立木材地所
南高野 南高野町 1962 190 日立市住宅公社
南高野 南高野町 1963 319 日立市住宅公社 319
桑 原 東大沼町 1964 95   95
南 原 大沼町 1965 98 日立市住宅公社 98
海 端 東大沼町 1966 170 日立木材地所 575
山の神 * 西成沢町 1966 280 日立木材地所
森 山 森山町 1966 125 日立木材地所
下相田一次 相田町 1967 270 日立木材地所 700
曲 松 久慈町 1967 135 日立木材地所
根道ヶ丘 大沼町 1967 295 日立市住宅公社
金井戸 久慈町 1968 225 日立木材地所 828
大 沼 大沼町 1968 390 日立木材地所
平和台 * 諏訪町 1968 213 茨城県労働者住
宅生活協同組合
下相田二次 相田町 1969 130 日立木材地所 130
青葉台 * 西成沢町 1970 572 日立木材地所 865
赤羽根 石名坂町 1970 110 日立木材地所
田 尻 田尻町 1970 183  
金 沢 * 金沢町 1971 804 日立市住宅公社 1,239
松ケ丘 小木津町 1971 315  
田沢台 * 田尻町 1971 120  
みかの原 * みかの原町 1972 261 日鉱不動産 1,016
十 王 十王町山部 1972 137 日立木材地所
小咲台 * 諏訪町 1972 133  
天神前 田尻町 1972 120  
堂 平 * 西成沢町 1972 365 日立木材地所
小貝浜 川尻町 1973 141 茨城交通 625
塙山一次* 塙山町 1973 484 日立木材地所
松山下 森山町 1974 131 日立木材地所 1,106
川 尻 川尻町 1974 217  
中 丸 * 中丸町 1974 515  
豊良台 川尻町 1974 243  
1975  
塙山二次* 金沢町 1976 94 日立木材地所 94
高鈴台 * 高鈴町 1977 350 日鉱不動産 598
1978
台 原 * 台原町 1979 743 日立市住宅公社 743
1980  
いぶき台 十王町伊師 1981 552 日立木材地所 552
1982  
1983  
1984  
潮見台 * 諏訪町 1985 181   181
上 合 * 田尻町 1986 847 日立市住宅公社 847
        合  計 11,097

分譲業者の欄で不明で空白になっている団地が数多くあります。ご存知の方、こちらまでお知らせくださればさいわいです。