賀毘礼の高峰 かびれのたかみね
常陸国風土記にある地名由来 日立篇

「常陸国風土記」に登場する久慈郡の賀毘礼の高峰。この峰にまつわる話しを次のように記述する。

薩都里 さつのさと あり。…東の大き山を、 賀毘礼 かひれ 高峰 たかみね ふ。即ち あま つ神 いま す。名をば 立速男命 たちはやをのみこと ふ。 一名 またのな 速経和気命 はやふわけのみこと なり。 もと あめ より くだ りて、即ち松沢の松の 八俣 やまた の上に いま しき。神の 祟、 たたり  甚だ いか し。 る人、向きて 大小便 ゆばりくそ る時は、災を示さしむ。 かれ 疾苦 やまひ あれば、 近則 かたはら む人、 つね いた 辛苦 たしな みて、 かたち べて みかど いまをす。 片岡大連 かたおかのおほむらじ を遣して、敬ひ祭らしむるに、 まを さく、「今、 いま せば 、百 おほみ  姓 たから 近く いえゐ して 、朝 あした  夕 ゆふへ 穢臭 けがら はし。 ことわり いま さしめず。 うべ り移りて、 高山 たかやま の浄き境に鎮まりますべし」とまをす。 ここ に、神、 禱告 ねぎこと を聴きて、遂に賀毘礼の峰に登りましき。其の社は、石を以ちて かき とし、 うち 種属 うがら いと 多し。 あは せて、 くさぐさ の宝、弓・桙・釜・ うつはもの の類、皆な石と成りて のこ れり。 すべ て、 もろもろ の鳥の 過るは、 ことごと く飛び りて、峰の上に当ることなし。 いにしえ より しかく して、今も同じ。即ち、 小水 おがは あり。 薩都河 さつかは と名づく。源は北の山に起こり、南のかた同じく久慈河に流る。

訓読文は、沖森卓也ほか編『常陸国風土記』(2007年 山川出版社)を参考にした。

賀毘礼の地名由来

賀毘礼の高峰の地名由来は、書かれていない。カヒレ・カビレの音に賀毘礼という漢字を宛てた。編纂者もわからなかったのだろう。地元の古老も知らなかった。

賀毘礼の高峰はどこか

この高峰について、いくつかの比定地があげられていた。しかし現在では以下の点から固定されたといえる。

(1)薩都河に近い山であること。

(2)久慈川に合流する薩都河は里川に比定できること。

(3)石垣があること。

(4)さまざまな宝、弓・桙・釜・器などが石と化していること。

 (3)と(4)からは高峰に「石」が強くイメージされる。

賀毘礼の高峰は御岩山頂

この4点において、日立市入四間町にある石がむきだしの御岩山の山頂がもっともふさわしい。入四間の関右馬允が撮影した写真「賀毘礼山遠足記念」(『カメラでつづった半世紀』)は、まさに岩、石が存在感をもってせまってくる異形の風景である。御岩山頂は高鈴山の北へ走る稜線にあって、東側からは見えず、西側つまり薩都河(里川)からの景色なのである。また山頂附近からは縄文時代や古墳時代の石器や土器が出土していることも傍証となろうか。

かつて賀毘礼の高峰は日立市宮田町の神峰山だとされていた時期がある。「カミネ」が「カビレ」と似ているからであった。しかし神峰山は東側からその神奈備型の山容を眺められるが、西側つまり里川からは見えない。その点において神峰山のふもとを流れる川は宮田川で、まっすぐに太平洋にそそぐ。久慈川に合流しない。山頂は杉でおおわれ、石は露出していない。神峰山説は成立しない。後に立速男命が御岩山頂から神峰山頂に移ったことがあるかもしれないが、風土記が編纂された時代は、賀毘礼の高峰は御岩山頂であったことは疑いない。


本ページは、2011年に亡くなられた志田先生の「賀毘礼の高峰」『ふるさと日立検定 公式テキストブック 中級編』の記述に拠っています。