史料 日立町小学校の保護者の職業

昭和4年(1929)11月末現在 『日立町勢要覧』(昭和4年版)より


保護者職業
日立第一
小学校

(宮田)

日立第二
小学校

(本山)

日立第三
小学校

(大雄院)

日立第四
小学校

(駒王)

日立第五
小学校

(仲町)

  
計  
官公吏 3 1 2 9 4 19
鉱山 役員 - 25 28 22 1 76
鉱山 労働者 18 762 324 195 566 1865
製作所 役員 1 - 7 89 7 104
製作所 労働者 10 2 60 390 212 674
181 3 6 34 35 259
15 - 11 33 70 129
15 20 47 119 127 328
- - 3 4 5 12
教員 3 3 8 2 3 19
無職 - - 10 47 34 91
其の他 20 1 25 76 88 210
266 817 531 1020 1152 3786

第一小学校は現在では日立市立宮田小学校。第二小学校は1978年廃校になっており、廃校時の名称は日立市立本山小学校。第三小学校は大雄院小学校、1979年に廃校。第四小学校も廃校となっており、廃校時は駒王国民学校。第五小学校は日立市立仲町小学校。当時の日立町立小学校の5校のうち3校が廃校となったわけである。なお日立町は宮田と滑川の両村からなり、5校すべてが宮田に立地している。戦後になって1973年に滑川に滑川小学校が開校している。

表の数値についての解説は不要であろう。各小学校の特色が端的にあらわれている。