史料 山形熊之助・小沢粂八・三代芳松 功労碑

[凡例] 原文のかなはカタカナであるが、ひらがなで表記した。また読みを小さな文字で示した。

功勞碑(題額)

  故山縣熊之介氏

氏は本縣下に於ける秋季大目網漁業の先驅者にして将又はたまた當町に於ける鯛手釣漁業の指導者たり 加之しかのみならず漁船に對し石油發動機据付の率先者たりし等當町漁業之振興に貢献する処寔まことに偉大なりし人なり

  小澤粂八氏

氏は明治三十八年鰮刺網漁撈法を改良し是を鰶このしろ漁業に應用せば必ず有利なるへきを悟り自から其使用を試み稍やや有望なるに力を得益々その改良と研究とに腐心し以て今日本縣下は勿論遠く北海道方面に亘り之が漁業の開發を見るに至れり

  三代芳松氏

氏は大正八年十月頃太田町登記所に至り歸途竹内製紙工場を参觀し巧妙なる機械力に感し是を漁船に應用せし事を企劃し茲に沖曳手繰網漁船の網巻機械を發明したり 次て本縣の命に依り神奈川縣下三浦三崎地方の一艘巻漁船を視察し大に参考とする所あり 爾來引續き苦心研究の結果大正十五年三月に至り現今の鰮漁業機械揚繰網の發明を完成したり

[裏面]

   <寄付者名略>

 昭和五年旧二月十五日建之 久慈町漁網組合
               山形 安書
               水戸金原昭徳刻

[所在]

久慈漁港入口