史料 照山修理伝説 近代編

野口勝一「照山修理碑」 明治28年(1895)

所在地 金沢町2丁目 長福寺境内
ひたち碑の会『日立の碑』より

…水戸郡庁記録、小宮山楓軒雑書及び里老遺談を按ずるに、寛永十八年正月、藩、封地を検し、修理に命じて検吏に附属せしむ。修理、村内の量地は民に便ならざるを憂え、書を郡宰に出だし、利害を論陳す。郡宰之れを却しりぞけ修理を譴責す。修理上書すること再三、死を以て自ら誓う。当時、官威厳峻、烈焔、迅雷の如し。若し触犯の者有れば、惨禍たちまち其の身に及ぶ。修理、抗争して屈せず。乃ち弟主税・次子新次郎とともに獄に下る。是の年七月二十六日、三人は村界塙山の北に刑せらる。…修理時に五十八九歳、新次郎、時に十四歳なり。是れより量地・検縄、稍や寛を得たりと云う。…西山公、封内を巡り、親しく修理の家に臨み、四足門を建つることを許す。… (原漢文)

[野口勝一]

常陸国多賀郡磯原村に嘉永元年(1848)生まれ。自由民権運動家。衆議院議員(明治25〜35)。明治6年頃金沢村のとなりの大久保村の小学校(暇修館)で教鞭をとったことがある。

[照山修理碑]

碑の全文(漢文と読み下し)は、『日立の碑』(2006年 日立市郷土博物館発行)をお読みください。

安達鑛太郎『多賀郡史』 大正12年(1923)

(寛永)十八年水戸侯望月恒隆をして境内の田畝を量り租税を定めしむ。斗代は古法を用ひ一歩は六尺とす。時に金澤村の庄屋照山修理其量地の過酷なるを以て、檢吏と力争し、書を郡宰に出して利害を論陳す。郡宰之を却く。修理上書再三抗爭屈せず、遂に弟及び次子と共に獄に下され、七月二十六日三人共に村界塙山に刑せらる。後四年藩廳郡宰等を以て人民を苦め君徳を損するものとし、自盡を命ぜり。光圀の封内を巡視せらるゝや、修理の家に臨み四足門を建ることを許せりと云ふ。