史料 桝本吉松・桝本寅市 報徳碑

鯛鰤漁具(題額)

    発明者 桝本吉松
        桝本寅市
報 徳 碑

      発起人 飛田巳之吉
          沢畠勘之介

  大正十二年旧一月十五日建設

[解説]

昭和60年(1985)の修復時の説明碑文によれば、二人は愛媛県西宇和郡三崎町字串で漁業を営んでおり、アワビ取りの普及のため明治35年(1902)頃久慈浜へやってきて、採鮑用水中眼鏡の近代化につとめ、また鯛鰤の一本釣、漁具の改良につとめ、初めて久慈浜に35馬力の動力船を導入した、とある。

[所在]

久慈漁港入口