特別展示 加守田章二と竹内彰 大甕陶苑からの出発


加守田章二


加守田章二


竹内彰

写真撮影:
乾剛 江崎義一 大谷健二
尾見重治 黒田陶苑 清水寛

と き
2006年3月21日(火)–5月14日(日)
9:30–16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日 ただし4月10日と5月1日は開館
観覧料
300円(20人以上の団体は1人150円)
高校生以下と65歳以上は無料

概 要

1956年(昭和31)に大甕陶苑に招かれ、陶芸家として歩みはじめた加守田章二と竹内彰、それぞれの生涯にわたる作品を紹介します。

民芸運動の中核となった陶芸家富本憲吉に京都市立美術大学で指導を受けた加守田と竹内は、富本の紹介によって日立製作所の製陶所である大甕陶苑に技術員として赴きました。

二人は従業員としての作陶とともに個人の作品制作をはじめ、加守田はより新しい造形をもとめて益子へ移り、竹内は日立に残って伝統工芸の新しい形をさぐるなど、二人はそれぞれの道を歩みます。

今は亡き二人の作品約80点を展示し、二人の作風の変遷をたどります。

また、2002年に閉じた日立製作所大甕陶苑の歴史についても紹介します

図 録

展示作品85点をカラー図版で紹介。そのほか解説・略年譜・大甕陶苑写真25点を掲載

A4判 96ページ 1500円(税込)